いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

【完全ネタバレ】プリンシパル 2巻 -2018年実写映画化の予習

2018年に実写映画化の決まった、いくえみ綾さんの『プリンシパル』をご紹介したいと思います。今回は『プリンシパル』2巻のネタバレです。1巻を読んで続きが気になってしょうがない方、予習として見てもらえると映画がもっと楽しめると思いますよ。

▪️2巻以外のネタバレはこちらから
1巻 | 2巻 | 3巻 | 4巻 | 5巻 | 6巻 | 7巻

プリンシパルの概要

まずは概要から、『プリンシパル』は2010年11月号から2013年9月号まで『Cookie』(集英社)から連載されていました。単行本は全7巻で完結済み、累計発行部数は120万部を超えるヒット作です。


そしてこの漫画を語る上で外せないのが『いくえみ男子』といわれる超魅力的なキャラクター達です。いくえみ男子は、『いくえみ綾』さんの漫画に登場するキャラクターの総称。優しくて、目端がきいて、時には厳しくて、特別目立つわけではないのに、いつの間にか心を掴んで離さない、不思議な魅力を持つ男の子の事をいいます。


プリンシパルでは極上の『いくえみ男子』弦と和央、そして同じく魅力的な『いくえみ女子』の糸真が胸きゅんストーリーを展開していきます。




登場人物

まずは、主な登場人物を紹介しておきます。全員15歳の高校1年生。

住友 糸真(すみとも しま)


©プリンシパル 集英社

3人目の継父と折り合いが悪く、東京の学校では些細なことが原因で無視されるようになり、家にも学校にも居場所をなくしてしまう。実父を頼って北海道へ引っ越し、クラスメイトで家が近所の和央・弦と親しくなる。

舘林 弦(たてばやし げん)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。和央とは幼なじみ。幼い頃、和央を女の子だと思い込んでいたため、その刷り込みで和央を過保護に可愛いがる。

桜井 和央(さくらい わお)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。虚弱体質で学校を休みがちなイケメン、幼い頃から弦とその姉、弓になついている。

国重 晴歌(くにしげ はるか)


©プリンシパル 集英社

転校初日から糸真に優しく接してくれたクラスメイト、糸真が弦や和央と親しくしていることに腹を立て嫌がらせをするが後に和解し親友となる。


あらすじ

和央たちに近づいた子をハブにした主犯は晴歌なの…? 転校初日から優しくしてくれた晴歌を信じたい糸真。だけどもやもや気になってしまう。クリスマスイブに晴歌たちと約束をした糸真は、待ち合わせ場所に向かうけど…。


プリンシパル2巻ネタバレ

それではここからプリンシパル 2巻の内容についてご紹介します。
注意:ここからはネタバレになります。



©プリンシパル 集英社

クリスマス

前巻で和央や弦と仲良くなった糸真、そして友人・晴歌(はるか)のこれ↓



©プリンシパル 集英社


案の定クリスマスの日、友人達との女子会に誘われた糸真ですが待ち合わせ場所には誰も来ません。


糸真からの猛烈な着信をうけて少しかわいそうに感じるその他女子達に対して、晴歌の軽い一言『だってムカつくんだもーーーーーん』晴歌ちゃんえげつないですね。


ハブられてしまい傷心の糸真は、和央に会いに行くのですが不在、家にいたのはなんと和央の母と糸真の父。こちらの恋は順調そうですがとりあえず父と帰宅することに・・・。



©プリンシパル 集英社


糸真が家に訪ねて来たことを聞いた和央は、糸真に電話をするも様子がおかしい事に気付きます。

クリスマスの翌日

心配して家に来てくれた和央に糸真はありのままを伝えます。


『誰も来なかった』


理由を聞く和央に答えます。


『あたし前に言ったじゃない、あんたたちと仲良くするとハブられるって』


『あれってやっぱ本当だよねえ、でも和央あたしと仲良しでいてくれる?』



©プリンシパル 集英社


『うん いるよ』・・・ハグをしてくれる和央が王子にしか見えなくなる糸真でしたが・・・。


『僕といるともれなく弦がついてくるからややこしいんだ』


和央は、晴歌が弦の事を好きな事、そしてそのせいで糸真や自分達に近づく女の子がハブられていた事に気付いていたのです。しっかり人間観察している和央を『このひとふつーの男の子だぁ』と思い直す糸真でした。


とはいえ和央に力をもらった糸真、晴歌の家まで会いに行きます。



©プリンシパル 集英社


『なんのこと?ぜんぜんわかんない』としらばっくれる晴歌。


『ばいばい晴歌今まで楽しかったよ』本心を出してくれない晴歌に、糸真は別れを告げるのでした。

大晦日

大晦日の夜、父親と初詣に出かけた糸真は1人で来ている弦に出会います。


『あんた和央がいないと1人なの?』


するどくて、どぎつい言葉をかける糸真ですが結局3人で参拝することに、そこで『和央と弓(弦の姉)』が一緒に参拝してるところを目にしてしまいます。


『仲がいいんだね』と弦に聞くと…



©プリンシパル 集英社


『大スキは大スキだろう、あいつの頭ん中には今も昔も「弓ちゃん」しかいねぇよ』と衝撃の一言。


『…何お前天然?とっくに気付いてると思ってたわ』う・・・これはある意味、糸真ちゃんの失恋になるのかな?


対して『じゃあ弦は晴歌の気持ちに気付いてたの?』言い返す糸真でした。

冬休みが明けて

新学期、気合いを入れて学校(戦場)に行く糸真。思わぬ事に晴歌以外の友人はすぐにクリスマスの日の事を謝ってきてくれます。


そこへ晴歌登場。もう完全にボスの様相で無言のまま席に着くのですがそこへ弦が隣に来て一言。


『晴歌、おまえヘラヘラしてねーで黙ってる時の方がいいな』



©プリンシパル 集英社


糸真も思わず固まる弦の天然ぶり、でもこれがきっかけとなって晴歌と糸真は仲直りします。


それにしても和央の『ナイス』、ただの病気がちな王子様ではなくなってきていますよね。これこそ『いくえみ男子』の魅力です。


『あたしの秘密を知ったからにはあんたも洗いざらいなんでもあたしに言いなさいよわかった?』と晴歌。


晴歌は、これまでの糸真にとってきた行為がすべて悪意だったことをぶっちゃけてしまいます。自分の性格が相当悪いことも・・・。


そんなストレートで今度は正直に話してくれる姿に凄く嬉しくなってしまう糸真ちゃんでした。これは読んでる私まで嬉しくなる展開。その後、会話は弦のことに・・・


『弦は和央から自立させなきゃ駄目だ』と晴歌は言います。どうやら和央のことが邪魔みたい。



©プリンシパル 集英社

雪まつり

ある日、糸真に実の母親から電話がかかってきます。アポなしでいきなり北海道の雪まつりに来ているという内容、その同じ会場では糸真の父親と和央の母親がデートをしています。


慌てて雪まつりの会場に向かう糸真ですが、その間に糸真の父と母は鉢合わせてしまいます。和央の母は気を遣いその場を離れようとします・・。



©プリンシパル 集英社


きつい言葉にも見えますが、糸真の母なりの優しさがみてとれますね。こうして久しぶりの親子3人となって『ジンギスカン』を食べることにしたのですが・・鹿肉を買ったところでやっぱり帰ると言いだす母。『さっきのあの人呼んで一緒に食べたらいーよ』


その後、鹿肉を囲うなか糸真の父が子供達の前で和央母にプロポーズ。


『これからもこうやって一緒にいられると嬉しいです』結果は・・・。



©プリンシパル 集英社

喧嘩

父と母の結婚式、和央一家の引っ越しも無事に終わり和央は弦の家に向かうとこう伝えます。


『今までありがとー』『僕達母子はいろいろやってもらってた』これが金銭的な事だとはっきり言う和央。


その言葉につっかかる弦『おまえは俺にやってもらうのが●●●●●●●●嫌だったのか?』


『そうゆう風に囚われてる弦が嫌だ』


晴歌が結婚式の時に、和央の事を体の一部とまで言う弦に『もうきっと和央は弦のこと要らないね』と言っていた事(悪意)も後押しして2人はこのまま大喧嘩になってしまいます。



©プリンシパル 集英社


“ああ お父さん わたしたち父子で弦の一部を奪い取ってしまったようですよ…”

映画化について

そんなプリンシパルが2018年に実写映画化されて全国公開されます。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、キャストは黒島結菜(糸真)とジャニーズWESTの小瀧望(弦)、そして俳優の高杉真宙(和央)となっています。


監督:篠原哲雄・脚本:持地佑季子
配給:アニプレックス

©️2018「プリンシパル」製作委員会


感想

以上がプリンシパル2巻の内容です。個人的に晴歌が糸真にありのままの姿を伝え本当の友達になれてとても良かった!今まで『うわー怖、何するつもり!?』だったのに一転して妙に心強いキャラに変わってきました。


さて、恋の予感から一転、遂に姉弟になってしまった糸真と和央、そして和央と弓の関係はどうなっていくんでしょう?そして、弦と和央の喧嘩の行方は?


3巻に続きます