【完全ネタバレ】プリンシパル 4巻 -2018年実写映画化の予習

2018年に実写映画化の決まった、いくえみ綾さんの『プリンシパル』をご紹介したいと思います。今回は『プリンシパル』4巻のネタバレです。1〜3巻を読んで続きが気になってしょうがない方、予習として見てもらえると映画がもっと楽しめると思いますよ。

▪️4巻以外のネタバレはこちらから
1巻 | 2巻 | 3巻 | 4巻 | 5巻 | 6巻 | 7巻


プリンシパルの概要

まずは概要から、『プリンシパル』は2010年11月号から2013年9月号まで『Cookie』(集英社)から連載されていました。単行本は全7巻で完結済み、累計発行部数は120万部を超えるヒット作です。


そしてこの漫画を語る上で外せないのが『いくえみ男子』といわれる超魅力的なキャラクター達です。いくえみ男子は、『いくえみ綾』さんの漫画に登場するキャラクターの総称。優しくて、目端がきいて、時には厳しくて、特別目立つわけではないのに、いつの間にか心を掴んで離さない、不思議な魅力を持つ男の子の事をいいます。


プリンシパルでは極上の『いくえみ男子』弦と和央、そして同じく魅力的な『いくえみ女子』の糸真が胸きゅんストーリーを展開していきます。





登場人物

まずは、主な登場人物を紹介しておきます。全員15歳の高校1年生。

住友 糸真(すみとも しま)


©プリンシパル 集英社

3人目の継父と折り合いが悪く、東京の学校では些細なことが原因で無視されるようになり、家にも学校にも居場所をなくしてしまう。実父を頼って北海道へ引っ越し、クラスメイトで家が近所の和央・弦と親しくなる。

舘林 弦(たてばやし げん)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。和央とは幼なじみ。幼い頃、和央を女の子だと思い込んでいたため、その刷り込みで和央を過保護に可愛いがる。

桜井 和央(さくらい わお)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。虚弱体質で学校を休みがちなイケメン、幼い頃から弦とその姉、弓になついている。

国重 晴歌(くにしげ はるか)


©プリンシパル 集英社

転校初日から糸真に優しく接してくれたクラスメイト、糸真が弦や和央と親しくしていることに腹を立て嫌がらせをするが後に和解し親友となる。


あらすじ

糸真の周りは恋の花が咲きまくり。日記なんてつけてみたら、みごと「ぼっち」な自分を自覚してしまった…もしかして糸真だけ冬到来の予感!?


プリンシパル4巻ネタバレ

それではここからプリンシパル 4巻の内容についてご紹介します。


注意:ここからはネタバレになります。



©プリンシパル 集英社

コンサートの後

晴歌の告白に対し『うん』とだけ応える弦。そんな2人は和央と弓の様子を柱の陰から伺います。


『こっち向いてよ、弓ちゃん』


『・・・・・・無理』


『わかった、強引なことしてごめん』


『弓ちゃんの言うとおり、もう2度と会わないよ、弓ちゃん、さよなら』



©プリンシパル 集英社


『ああ〜〜〜一生言わないつもりだったのに……』


『?』


『好きよ和央』


その言葉に驚いて思わず弓を抱きしめようとする和央に『でも今は待って!もう少し先生でいたい』


『うん、待つよ、ずっと待つ』


一方居場所をなくした糸真は漫画喫茶に引きこもってしまいます。


夜になっても糸真と連絡がとれず心配する父親と帰宅した和央、そこにようやく糸真から電話、急いで迎えにいきます。



©プリンシパル 集英社

デートの相談

糸真の家を訪れ、ずかずかと部屋に上がりこむ弦。どうやら晴歌に動物園デートに誘われた模様。


『相談があんだけど。デート、てのは何をどうしたらいいんだ?』



©プリンシパル 集英社


『和央といるときみたいにしたらいい』『弦はなんも考えないで弦でいた方がいい』とアドバイスする糸真。


そんな2人の会話を聞いていた和央は、家族みんなで一緒に動物園に行こうと糸真を誘います。



©プリンシパル 集英社


その頃弦の家では、弓が母親から次のお見合い相手を勧められますが今度は断固としてそれを断わります。


『誰かおつきあいしている人が……いるの?』と弓の母親


『いないけど…いるもの』



©プリンシパル 集英社


『・・・・・ハイ?』

動物園

あいにくの雨、弦と晴歌はデートで、糸真と和央は家族で動物園に向かいます。そこで和央は糸真に・・・


『糸真は忘れられないでしょ、去年のクリスマスのアレ』←ハブられた事



©プリンシパル 集英社


『ひどいわ〜和央…気をつかったらだめなの?』


『だめじゃないけど下手にでてるように見えるから、この先国重さんに逆らえなくなったらつらいだろうなと思って』



©プリンシパル 集英社


と、いいつつも本心では、和央のいいたいことが少しわかってしまっている糸真は、本当の気持ちを日記に綴ります。


“和央、あなたが言いたかったのはこうでしょう。もう二度とあんな目にあうのはイヤだから晴歌と仲良くする、気を使う、下手に出る、それは本当の友達なのか?”自分でも分からないけど少ーし心の揺れる糸真。


一方、デート中の弦と晴歌は思ったよりも自然に会話できていていい感じ。



©プリンシパル 集英社


『つきあおうよ、あたしと、つきあおうよ弦』弦もおもわず仰け反る程の猛プッシュ。この結果2人は付き合うことになります。


その夜、何故か糸真の部屋にいる弦『相談した手前報告しにきた』


『おめでとーっ』



©プリンシパル 集英社


と、追い返しつつもどこか切ない顔をしている糸真ちゃん・・・。

風の噂

そんなこんなで幸せ絶頂の晴歌、かなり浮かれてしまっているのですが・・・弦との動物園デートが誰かに目撃されていたようで学校中で噂はひろまります。


トイレの中、糸真は聞いてしまいます。



©プリンシパル 集英社


"えーーーーーーーー、やだやだやだやだ、こわいこわいこわいこわい"


ガチャ、隣にも誰かいたようです・・



©プリンシパル 集英社


『まあこういうしっぺ返しも考えないではなかったよね』・・・・



©プリンシパル 集英社


誠心誠意あやまる晴歌に『・・・昔すぎて忘れた・・・!』と糸真、"和央、わたし、大丈夫だ、ありがとう"ようやく区切りをつけることができました。

いじめ

ある朝、晴歌は裸足で校内を歩いています、上履きが消えてたと明るく話す晴歌ですが糸真はそれを見て青ざめます。



©プリンシパル 集英社


『誰』と聞く弦ですが話がこじれそうだからと言うのをためらいます。


放課後、晴歌を下駄箱で待つ弦『安心しろ外靴はちゃんとある…』弦のくせに上手くやったと思う糸真ですが…そんな2人を見た瞬間…


ズキッ



©プリンシパル 集英社


"なんだ今の?"

すみれのシャンプー

ある日、弓と『すみれ』のシャンプーをしに行く約束をしていた和央が弓宅を訪れると・・・。



©プリンシパル 集英社


和央は弓と好き合った事で弓の母からもう家に来ないよう言われてしまいます。


これが元で弓は母親と大ゲンカ、家をでて自立することを和央に伝えます。


弦はその事を知りませんが…何か隠してると気付きます。相変わらず和央の事を糸真に相談してくる弦、夜メールで糸真を公園に呼び出します。


『和央 あれなんか隠してるべ』


"お、すごいね弦、和央のことではやっぱ冴えてんね"と思いながらも・・・



©プリンシパル 集英社


"なーんてことを弦がしったら間違いなくキレるでしょ?怖いでしょ?家族間の問題になるでしょ?"だから弦には事実をいいません。


話題は変わり、晴歌の事をちゃんと好きなのかと聞く糸真の質問に『嫌いなヤツとつきあわねーよ』と応える弦ですが、続けて『お前と同じ位話やすいし』とか・・・、痴漢が出るから帰ると言う糸真に『俺がいるから大丈夫だ』とか…



©プリンシパル 集英社


"なんでそんなこと言うんだよ"・・・
糸真は以前見た自分の夢を思い出します



©プリンシパル 集英社


“晴歌が弦とつきあう事で誰かに邪魔されないか心配”

映画化について

そんなプリンシパルが2018年に実写映画化されて全国公開されます。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、キャストは黒島結菜(糸真)とジャニーズWEST小瀧望(弦)、そして俳優の高杉真宙(和央)となっています。


監督:篠原哲雄・脚本:持地佑季子
配給:アニプレックス

©️2018「プリンシパル」製作委員会


感想

以上がプリンシパル4巻の内容です。いかがでしたか?和央と弓の間に立ちはだかる弓の母親。そして弦と晴歌のこれからはどうなっていくんでしょうか?・・・それから何と言っても糸真!今や親友の彼女となってしまった弦への気持ちに気付き始めていますよね。もしかすると和央の『この先国重さんに逆らえなくなったらつらいだろうなと思って』発言はここまで込みだったのかな?あぁ切ないなー


5巻に続きます。