いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

【完全ネタバレ】プリンシパル 6巻 -2018年実写映画化の予習

2018年に実写映画化の決まった、いくえみ綾さんの『プリンシパル』をご紹介したいと思います。今回は『プリンシパル』6巻のネタバレです。1〜5巻を読んで続きが気になってしょうがない方、予習として見てもらえると映画がもっと楽しめると思いますよ。


▪️6巻以外のネタバレはこちらから
1巻 | 2巻 | 3巻 | 4巻 | 5巻 | 6巻 | 7巻


プリンシパルの概要

まずは概要から、『プリンシパル』は2010年11月号から2013年9月号まで『Cookie』(集英社)から連載されていました。単行本は全7巻で完結済み、累計発行部数は120万部を超えるヒット作です。


そしてこの漫画を語る上で外せないのが『いくえみ男子』といわれる超魅力的なキャラクター達です。いくえみ男子は、『いくえみ綾』さんの漫画に登場するキャラクターの総称。優しくて、目端がきいて、時には厳しくて、特別目立つわけではないのに、いつの間にか心を掴んで離さない、不思議な魅力を持つ男の子の事をいいます。


プリンシパルでは極上の『いくえみ男子』弦と和央、そして同じく魅力的な『いくえみ女子』の糸真が胸きゅんストーリーを展開していきます。





登場人物

まずは、主な登場人物を紹介しておきます。全員15歳の高校1年生。

住友 糸真(すみとも しま)


©プリンシパル 集英社

3人目の継父と折り合いが悪く、東京の学校では些細なことが原因で無視されるようになり、家にも学校にも居場所をなくしてしまう。実父を頼って北海道へ引っ越し、クラスメイトで家が近所の和央・弦と親しくなる。

舘林 弦(たてばやし げん)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。和央とは幼なじみ。幼い頃、和央を女の子だと思い込んでいたため、その刷り込みで和央を過保護に可愛いがる。

桜井 和央(さくらい わお)


©プリンシパル 集英社

糸真のクラスメイト。虚弱体質で学校を休みがちなイケメン、幼い頃から弦とその姉、弓になついている。

国重 晴歌(くにしげ はるか)


©プリンシパル 集英社

転校初日から糸真に優しく接してくれたクラスメイト、糸真が弦や和央と親しくしていることに腹を立て嫌がらせをするが後に和解し親友となる。


あらすじ

糸真は晴歌の中学時代の同級生・金沢を紹介される。YESかNOかの分かれ道。糸真が選んだ答えは吉と出るか凶と出るか。住友家主催のキャンプで、糸真を取り巻く人物相関図に変化あり…!?


プリンシパル6巻ネタバレ

それではここからプリンシパル 6巻の内容についてご紹介します。


注意:ここからはネタバレになります。



©プリンシパル 集英社

夏休みキャンプ

突然ですが


人生初の彼氏ができました


糸真の家では家族でキャンプに行こうと盛り上がっています。『彼氏も誘ってみたら?』サラリといってのける母親と目を白黒させる父。


キャンプ当日、参加者は糸真家族と弦、晴歌、弓、すみれと金沢くん。晩御飯までは自由行動、4組のカップルに分かれます、糸真と金沢くんはアスレチックに。



©プリンシパル 集英社


"出来たてカップルが距離を縮めるのにはうってつけだ・・と冷静に判断する自分がいるんですけど"


一方、弦と晴歌は金沢くん(金やん)の話に、ここで弦が問題発言。


『最初はコンビニの店員かと思ったけどな』これのどこが問題かというと・・


『なんかそんなよーなシマシマシャツ着ててよー』と弦。


『いつ?』と晴歌、『糸真があいつと最初に会った時だよ』と弦←おいおい



©プリンシパル 集英社


『なんで?』


『興味あったから、なんかすっげ見たくて』


さすがの晴歌もショックを受け行方をくらましてしまいます。晴歌を探しに行った糸真と金やん、晴歌がまだ見つかる前から手を繋ごうとしたり、キスしようとしたりしてきます・・そのとき和央から晴歌発見のメールが届きます。



©プリンシパル 集英社


ついに『キス』される糸真。


無事見つかった晴歌はというと、和央にひとしきり弦の愚痴を言った後、昼間に金やんの描いた相関図を書き換えます。



©プリンシパル 集英社


・・・あーあ


そして金やん、その夜、弦と和央に糸真とキスした事を話してしまいます。後日のデートで糸真にその事を伝え少し引かれてしまうのでした。

夏の終わり

糸真宅に電話がかかってきます、和央が出ると・・・なんと糸真の実母から!また北海道にアポなし旅行、糸真にも元旦那(糸真の父)にも携帯が全然繋がらずビール園でさみしくひとりジンギスカンをしているとのこと。


『そこでお願いなんだけど』と糸真母。


寂しいからと和央がビール園に呼ばれます。和央は弦を誘いにいくのですが『これから国重晴歌と会うんだ』・・・



©プリンシパル 集英社


何かを察した和央、軽くアドバイス的な事を言って糸真母のもとへ。弦は晴歌との待ち合わせ場所へ向かいます。


『まず、はっきり聞きたいんだけど、弦はあたしのことどう思ってるの?』『あたしのこと好きだからつきあってくれたの?』と質問をはじめる晴歌。


『あんまり考えたことなかった…』


『うん、だよね、そう、そうだと思う』



©プリンシパル 集英社


『国重ごめんっ!俺だめだわ!多分いやきっと、期待に応えられません』姿勢をただしストレートに伝える弦。



©プリンシパル 集英社


友達の時の晴歌の方が良かったという弦に対して『殴らせて』頭をなぐり区切りをつける晴歌。


『糸真ともずっと“友達”で仲良くしてた方がいいねぇ きっとその方がいい感じ!…よかった』


このまま弦の心が糸真に向かうことを予防してしまう黒晴歌でした。まあこの気持ちは分からなくでもないです。


一方、金やんとデート中の糸真、ふと携帯をみてみると母からの怒涛の不在着信と、和央からの『東京のお母さんとビール園にいるよ〜』のメール・・・


なんじゃこりゃあ!!


慌ててビール園に向かう糸真、そこには糸真母にからまれまくっている和央の姿が・・・母は3人目の旦那とも別れたみたいでかなり泥酔しています。



©プリンシパル 集英社


そんな自称ダメ人間のお母さんにどこか懐かしさを感じながらその日は母と2人きりでホテルに泊まる糸真でした。

晴歌の報告

色々あった夏休みもあけて、晴歌は皆んなに弦と別れたと報告します。“私たちとは友達でいい”と言われたという晴歌に真顔の糸真・・・


『やだもー、笑ってよ』



©プリンシパル 集英社


『ー大丈夫、それはあたしちゃんと話し合ったから大丈夫だよ』…晴歌は、自分の事を真剣に考えてくれる糸真に何を思ったんでしょう?この晴歌の表情カット結構すきです。


その日の学校帰り、糸真は金やんと制服デート。金やんはきりだします、、


『うちくる?』


"はじめこわいのはみんないっしょ"覚悟を決めて家に入る糸真ですが・・



©プリンシパル 集英社


自分でもよく分からないけど思い切り拒絶してしまいます。この辺りから金やんの雰囲気が変わってきます。クッションを不気味にたたきながら



©プリンシパル 集英社


『俺のこと好き?』


"アレ?アレ?言葉がでない"


『そこ、黙るところ?もしかして、なんとなくだけど、弦さんのこと好きじゃない?』イライラし始める金やん。


ちからなく首を横に振る糸真ですが、ここで思い返す晴歌にいった言葉。"つきあっといて友達でいいとかふざけてる"


・・・私じゃん


ボン・ボン・ボン…クッションをなぐり続ける金やんに『…それ、やだな』と伝えると・・・



©プリンシパル 集英社


"私この人と無理だ"階段から転げ落ちながら家から逃げ出す晴歌。


"えーとはいこれが自分の心に目をつぶったあたしの惨状です"


逃げ帰った糸真の部屋にいたのは弦。膝のあざどうしたの?どこの階段からおちたの?しつこく色々聞いて来る弦に


『もう…ひとりにしてってばぁ!』自己嫌悪真っ只中の糸真に思い切り怒られて追い出される弦、糸真の事すごく気になってしまうんですね(可愛い)


そんな弦の帰ったあと・・・



©プリンシパル 集英社


『弦が他人のものになるなんてさみしいんだよーーっ』


・・・家に帰った弦は弓に尋ねます『姉ちゃん、一人になりたい時ってどんな時?』可愛すぎる弦。


『反省するとき?』


それを聞いて去り際に伝えます。



©プリンシパル 集英社


『ありがと弦ちゃん』

翌日

翌朝、弦に会った糸真はきまずそうに『き、きのーは…ごめんにぇ?』かみかみであやまると・・・『…いや、俺も…』まさかの弦。


そこへ金やんからの話し合おうメールが届きます、糸真は学校をさぼり金やんに会いに行くことに・・・別れを告げに。


『まだイケるよ まだ余地はあるよ』くいさがる金やんに『ごめんなさい、ありがとう…ございました…』



©プリンシパル 集英社


え・・・こんな人だったの金やん・・・

映画化について

そんなプリンシパルが2018年に実写映画化されて全国公開されます。タイトルは『プリンシパル~恋する私はヒロインですか?~』、キャストは黒島結菜(糸真)とジャニーズWESTの小瀧望(弦)、そして俳優の高杉真宙(和央)となっています。


監督:篠原哲雄・脚本:持地佑季子
配給:アニプレックス

©️2018「プリンシパル」製作委員会


感想

以上がプリンシパル6巻の内容でした。いかがでしたか?かなりウザくなってきた金やん、相変わらず口は悪いけど凄く素直になってきた弦、明暗わかれてきましたが糸真の中では答えははっきりでています、次はいよいよ最終巻、どんな結末になるんでしょうか?


7巻に続きます。