休日にのんびり癒されたい方におすすめのDVD 10選【邦画】


【更新情報】2017.06.10一部修正

はじめに

今回は、休日にゆっくり映画鑑賞でもして、のんびり癒されたいなって方におすすめの邦画DVDをご紹介していきたいと思います。のんびりと穏やかな空気の流れる良質の作品ばかりですので是非お気に入り作品を見つけだしてしっかり癒されて下さいね。

注意事項、表記について

  • 掲載の順番はランキング形式ではありません、また作品は随時追加予定です。
  • 表記はタイトル・監督・公開年・あらすじ・感想の順です。

癒される!おすすめの邦画DVD

それでは、あなたの休日を充実させてくれること間違いなしの素敵な映画をご紹介していきたいと思います。


1.かもめ食堂


監督: 荻上直子
原作: 群ようこ 『かもめ食堂』

公開年 : 2005年

夏のある日、ヘルシンキの街角に「かもめ食堂」という小さな食堂がオープンした。店主は日本人女性のサチエ(小林聡美)。献立はシンプルで美味しいものを、と考えるサチエは、メインメニューをおにぎりにした。しかし、客はなかなかやってこない。それでもサチエは毎日食器をぴかぴかに磨き、夕方になるとプールで泳ぎ、家に帰ると食事を作る。サチエは、毎日真面目にやっていれば、いつかお客さんはやってくると思っていた。そんなある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミ(ヤルッコ・ニエミ)がやってきた…。(映画.comより引用)


フィンランドで食道をやっている日本人女性のお話。まったりとした日常が自然に描かれていて、淡々と静かに流れる時間がとても心地の良い作品です。きっとのーんびり美味しい珈琲を飲みたくなりますよ。



出典:©︎かもめ食堂

【参考にどうぞ:igelninaさんのかもめ食堂レビュー】


2.めがね


監督: 荻上直子
公開年 : 2007年

南の海辺の小さな町に降り立ったタエコは小さな宿ハマダに辿り着く。タエコの周りには不思議なことばかりが起き、周囲のマイペースさに耐え切れなくなったタエコは、もう一軒の宿に向かうが…。春、この世界のどこかにある南の海辺。人生の一瞬にふと立ち止った女性が、訪れた場所に流れるのどかな時間と、そこで出会う人々との奇妙なふれあいを通じて、日常の中で忘れていた何かを取り戻していきます。最近、旅をしていますか? 「めがね」のなかにきっとみつかるあなただけの海で、心ゆくまでたそがれどきを過ごしてください。 (Amazonより引用)


もうひとつ、荻上直子監督×小林聡美主演の『めがね』もおすすめ。『何が自由か、知っている。』が、キャッチコピーのこの映画、のんびりと穏やかな空気や風が流れている海と砂浜と木々…涼しい空気感と安らぎと癒しになること間違いなしです。単調でのんびりとした描写が多いのに、観る度にどんどん映画の中に引きずり込まれていきますよ!



出典:©︎めがね

【めがね 予告編 - YouTube】


3.しあわせのパン


監督: 三島有紀子
公開年 : 2012年

東京から北海道の月浦に移り住み、湖が見渡せる丘の上でパンカフェ「マーニ」を始めた夫婦、りえさんと水縞くん。水縞くんがパンを焼き、りえさんがそれに合うコーヒーを淹れ、料理をつくる。そこには、日々いろんなお客さまがやってくる。 それぞれの季節にさまざまな想いを抱いて店を訪れた彼らが見つけた、心の中の“しあわせ"とは? そして彼らを見守るりえさんと水縞くんに訪れることとは? (Amazonより引用)


映画の舞台は北海道の洞爺湖。うっかり見逃してしまいそうなお店ですがこんな所でのんびりできる休日って最高!雄大で繊細な月浦の自然の美に心が癒されますし、原田知世さん、大泉洋さんの控えめな演技が、自然の美しさや美味しそうなパンの雰囲気をより引き立ててくれていますよ。



出典:©︎しあわせのパン

【しあわせのパン 予告編 - YouTube】



4.ニライカナイからの手紙


監督: 熊澤尚人
公開年 : 2005年

「風希、お誕生日おめでとう・・・」
涙を必死にこらえながら竹富島の船着場で母 昌美を見送った6歳からずっと、風希と母をつなぐものは、毎年誕生日に送られてくる手紙だけだった。竹富島で祖父 とふたりで暮らす風希。やがて、父の遺品のカメラで写真を撮り始めた彼女は、カメラマンになることを夢見ながら、母のいる東京への思いを募らせて…。(Amazonより引用)


心に残る、やさしくてとても美しい映画。一人の少女が成長していく中で接してゆく様々な愛や優しさが竹富島のゆっくりと流れていく時間と綺麗な景色にとけ合っていて心に沁みます。とてもシンプルな映画なのにどうしてこんなに感動してしまうんだろう?素敵な主題歌もこの映画にぴったりですよ!



出典:©︎ニライカナイからの手紙


5.南極料理人


監督: 沖田修一
原作:西村淳『面白南極料理人』

公開年 : 2009年

堺雅人が南極で料理人に! 氷点下54℃、家族が待つ日本までの距離14,000km 究極の単身赴任! おいしいごはん、できました。元南極観測隊員である作家・西村淳の実体験を綴ったエッセイを映画化したヒューマンドラマ。南極ドームふじ基地に派遣された男・西村。彼に課せられた任務は、同じく南極観測隊員として派遣された7人の仲間のために毎日食事を作ることだった。(Amazonより引用)


南極という過酷な環境で男8人が共同生活をするのを覗き見るような映画ですが、その穏やかなつくりがとても心地いいです。大きなトラブルなんかは起きずドキドキワクワク要素は殆どありません、爆笑というよりはクスクスがずっと続きます。そしてなによりも、全編とにかく料理が美味そうに見えすぎます!



出典:©︎南極料理人


6.おと・な・り


監督: 熊澤尚人
公開年 : 2009年

風景写真を撮りたいという夢を抱きながらも、友人で人気モデルのシンゴの撮影に忙しいカメラマンの聡。一方、フラワーデザイナーを目指して花屋のバイトをしながら、フランス留学を控えた七緒。同じアパートの隣同士ながら、一度も顔を合わせたことがないふたりは、ともに30歳で恋人なし。いつしかお互いに隣から聞こえる生活音に安らぎを感じるようになる。音によって心を通わせる、ふたりの恋の行方は…。(Amazonより引用)


こちらも熊澤尚人監督の作品。それぞれの部屋から漏れ聞こえてくる『生活音』に惹かれ合うようになって…という、少し不思議な設定ですが、終始静かな時間が流れ余韻の残る素敵な映画。鑑賞後は日常の音にもっと耳を傾けて、自分に合う心地よい音に出逢いたくなります。エンドロールもとっても素敵ですよ!



出典:©︎おと・な・り


7.天国はまだ遠く


監督: 長澤雅彦
公開年 : 2008年

自殺を考え、京都府宮津の人里離れた山奥に建つ民宿にやってきた千鶴。宿には若い主人の田村が一人いるだけ。千鶴は睡眠薬を大量に飲んで自殺を図るが、普通に目覚めて失敗。やがて豊かな自然と何気ない田村の優しさに、行き場のない千鶴の心は解きほぐされていく…。(Amazonより引用)


美しい自然の中で、ゆっくりと千鶴の傷が癒されていく。千鶴との出会いで、田村も少しづつ変わっていく…。広大な大自然の映像が本当に美しく、そのなかでゆったり流れる2人の関係に引き込まれます。時間がこんなにスローに流れる映画があったなんて!見終わったあとの心の温かさを味わってみて下さいね。



出典:©︎天国はまだ遠く


8.海街diary


監督: 是枝裕和
公開年 : 2015年

鎌倉の古い家に暮らす幸、佳乃、千佳の香田三姉妹。父は不倫の末に15年前に家を出て行き、その後、母も再婚してしまい、今この家に住むのは3人だけ。ある日、その父の訃報が3人のもとに届く。葬儀に参加した三姉妹は、そこで腹違いの妹すずと出会う。すずの今後を心配した幸は、別れ際に“鎌倉で一緒に暮らさない?”と提案する。(Amazonより引用)


ある3姉妹と異母の妹の共同生活を描いた映画。全編を通して画面が淡いトーンで終始していて一瞬一瞬がすごくリアル、観ているだけでそのまま海の香りがしてくるような感覚におちいります。ストーリーに起伏はありませんが心に残る作品ですよ!



出典:©︎海街diary



9.船を編む


監督: 石井裕也
原作:三浦しをん『舟を編む』

公開年 : 2013年

出版社・玄武書房に勤める馬締光也(まじめ みつや)は、営業部で変わり者として持て余されていたが、言葉に対する天才的なセンスを見出され、辞書編集部に異動になる。そんなある日、出会った運命の女性。しかし言葉のプロでありながら、馬締は彼女に気持ちを伝えるにふさわしい言葉がみつからない。問題が山積みの辞書編集部。果たして「大渡海」は完成するのか。馬締の思いは伝わるのだろうか。(Amazonより引用)


辞書編集といういかにも地味な仕事にかける想いや年数、愛が丁寧に描かれていて、静かに穏やかに、ゆっくりと時間を重ねる素敵な作品。ほのぼのとした愛を感じる名作だと思います。主演の松田龍平さん、宮崎あおいさん、オダギリジョウさんらの柔らかい演技が心に染みますよ。



出典:©︎舟を編む

【舟を編む 予告編 - YouTube】



10.百万円と苦虫女


監督: タナダユキ
公開年 : 2008年

百万円を貯める度に引越しをし、その行く先々の街で様々な人々と出会い、笑ったり、怒ったり、また恋をしながら自身の生き方を模索する一人の女性を描く。短大卒業後、就職もできずにアルバイト生活を送っている鈴子。ひょんな事件に巻き込まれた彼女は、人との関わりを避けるように家族のもとを離れ、百万円が貯まるたびに誰も知らない土地へと移り住むことにするが…。(Amazonより引用)


100万円貯まる度に転々と移動するなんとなく憧れを誘うちょっとステキなプチ放浪のお話。転々とする場所ごとに色々な気持ちを背負う主人公、恋愛して、すれ違って、少しずつ成長していく様子がうまく描かれています。何だか余韻がいつまでも残る、不思議で素敵な映画ですよ。



出典:©︎百万円と苦虫女


まとめ

いかがでしたでしょうか?休日にのんびりと癒されたい方におすすめのDVD 邦画編をご紹介してきました。どれも超おすすめの面白くて癒される映画ばかりです!気になる作品があれば是非一度視聴してみて下さいね。