いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

非日常が面白い!絶対に読んで欲しいおすすめのファンタジー漫画 15選!

大好きな人と苦手な人が結構ハッキリしているファンタジー漫画。読まず嫌いな人も結構多いかと思いますが、実は男女共に好きなマンガジャンルとしてギャグマンガに次ぐ第2位の人気ジャンルなんです。今回は、そんなファンタジー漫画の中でも特におすすめの作品を厳選してご紹介していきたいと思います。どの作品も世界観がしっかりと造りこまれていてハマってしまうこと間違いなし!苦手な人は最初から読んで貰えないかも知れませんが…、ファンタジーがちょっと気になっている人、読まず嫌いな人、もちろん大好きな人、誰が読んでもきっと満足して貰える作品ばかりですので是非目を通してみてください!

間違いなく面白いおすすめ漫画 50選


読めばハマる事間違いなし!おすすめのファンタジー漫画

お気に入りの一冊を見つけて思い切りファンタジーの世界観を楽しんで下さいね。作品は随時更新予定です。それではごゆっくりどうぞ!

メイドインアビス


出典:©︎メイドインアビス

隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っていた。アビスの不可思議に満ちた姿は人々を魅了し、冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』と呼ばれるようになっていく。アビスの緑に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?幻想と機械が入り混じる大冒険活劇!(バンブーコミックスより引用)


少女と少年風のロボットを主人公に、不思議な地下世界を探索していくおすすめの壮大なファンタジー漫画です。表紙の可愛らしい絵からは考えられないほど暗くて残酷、連続のダンジョン攻略など手に汗握る展開に驚かされますが、これが凄く面白い!進むごとに降りかかる災難にあの可愛いキャラクター達がどう乗り越えていくのかがとても楽しみな作品です。グロ描写に耐性のない方にはキツイ展開がありますので気をつけてくださいね。


デビルズライン


出典:©︎デビルズライン

都会の喧騒の裏で連続発生する吸血殺人。ある日、恋愛に疎い大学院生・平つかさは、自分にじっと向けられた男の視線に気づく――。愛と欲望、暴力と献身が交錯するダークファンタジー!!(モーニング KCより引用)


吸血鬼と人間の恋愛物語。鬼だったり変異だったり、割とありがちに見えて、ストーリーがすごく作り込まれているのでかなり面白い!これを新人の女性が描いたのかと衝撃を受けるほどです。とにかく、ブレまくりの主人公とブレない彼女との恋愛模様がとても素敵なキュンキュンの止まらないファンタジー漫画です。



鬼灯の冷徹


出典:©︎鬼灯の冷徹

あの世には天国と地獄がある。地獄は八大地獄と八寒地獄の二つに分かれ、さらに二百七十二の細かい部署に分かれている。そんな広大な地獄で、膨大な仕事をサラリとこなす鬼神。それが閻魔大王第一補佐官・鬼灯(ほおずき)である! ――人にとっての地獄。それは鬼にとっての日常なのです。ドSな補佐官・鬼灯に、上司の閻魔大王は涙、涙……そんな日常です。冷徹でドSな鬼灯とその他大勢のわりかし楽しげ地獄DAYS!(モーニング KCより引用)


クスっと笑えて和める地獄のお話、一話完結なので気軽に読めると思います。ジブリ好きで動物には優しい、でも上司や同僚には容赦ない超ドSな鬼灯様、閻魔大王にすら容赦のないあの態度、最高です!これを読んでいるとどんどん地獄が楽しそうに思えてしまいます。 いや行きたくないですけどとにかく闇が深すぎて笑いが止まりません。



出典:©︎鬼灯の冷徹


孤食ロボット


出典:©︎孤食ロボット

会計が3000ポイント貯まると交換できる○×フードカンパニーのプレゼントは単身者の食事と健康をサポートするアンドロイド。料理が苦手なOL、単身赴任のお父さん。彼らのもとに突然やってきた小さな頑張り屋さんがサポートするのは、温かな食事だけではなくて…。今日も誰かをほっこり幸せに。心も満腹になる優しい物語──(イブニングより引用)


ファンタジーですが、いまは半ば現実的なお話。外食店の貯まったポイントで貰える孤食を管理してサポートしてくれるアンドロイド。癒されるし和むし柔らかい雰囲気の絵だし、読み終わった後すごくほっこりする漫画です。登場する料理もシンプルな家庭料理ばかり、作り方にもさらっと触れられているので試しに作ってみたくなります。優しいお話が好きな人におすすめの作品ですよ!



幼女戦記


出典:©︎幼女戦記

超合理主義エリートサラリーマンが転生したのは、なぜか幼女だった!? 魔法と小銃の入り乱れる異世界で、軍での出世&安全な後方勤務を目指すが、なぜかエースとして祭り上げられ……?(角川コミックス・エースより引用)


題名よりずっと本格的な戦記モノ、舞台は魔法が実在する第二次世界大戦中のドイツに似た世界です。サラリーマンが転生して幼女になるとか聞くだけで面白いですし、本音は後方に移動したいのに前線に連れられるというのもサラリーマンぽくていい!そして表情の落差も楽しいです。戦闘描写もありますがグロくはないので誰でも大丈夫だと思います。


出典:©︎幼女戦記


ベルセルク


出典:©︎ベルセルク

巨大な剣を背負い、鉄の義手をつけた剣士・ガッツ。彼の行くところ、血の雨が降り、死体の山が築かれる…! 大ヒット!! 圧倒的迫力の叙事詩!!(ヤングアニマルコミツクスより引用)


名作中の名作、ダークファンタジーの先駆け的漫画。壮大なストーリー設定、独特な世界観で圧倒!キャラクター1人1人も本当に魅力的で、心が揺さぶられる作品です。そしてなにより作画がとても美しく洗練されています。本当に面白いのですが1話で進行する話が少ないので、長く読み続けないと満足できないかも。



東京喰種トーキョーグール


出典:©︎東京喰種トーキョーグール

“東京”には、或るひとつの「絶望」が潜む…。群衆に紛れ、人間を狩り、その死肉を喰す怪人、人はそれを「喰種(グール)」と呼ぶ。青年が怪人に邂逅したとき、数奇な運命が廻り始める──!(ヤングジャンプコミックスより引用)


人間と、人間を食べる喰種と呼ばれる二つの存在がある世界。内容はグロくて残酷なのですが不思議とこの漫画に本当の悪はいないような…。人肉を喰らう狂気の狭間で、主人公が苦悩、決断していく様にゾクゾクしますし、感動シーンも沢山ありますよ!

戦慄!おすすめホラー漫画 20選



終末のラフター


出典:©︎終末のラフター

世界に闇が訪れ、滅びを迎えた時代。人々に憎まれながらも生きる「悪魔」と呼ばれる者たち。彼らはどうして生まれたのか?その目的は?悪魔として生きる一人の青年とその妹。二人がある街を訪れたところからストーリーは始まる…。(少年サンデーコミックススペシャルより引用)


かつて世界を恐怖に落とした白い悪魔は倒されるも、その後悪魔の口と呼ばれる紋様を持つ不老不死の人間が各地に現れる…。1巻で終わってしまうのがもったいなく感じるくらい、キャラも設定も世界観もきちんと作られているダークファンタジー。読後も思わず物語のその後を考えてしまいます。


何が正義で何が悪なのかを読者に探らせる良作で、更に書き下ろしが話に深みを与えています。ダークファンタジーが好きな方は、評判など気にせずにとにかく読んでみることをお勧めします。

1巻完結のおすすめ漫画 15選



魔法使いの嫁


出典:©︎魔法使いの嫁

羽鳥チセ15歳。身寄りもなく、生きる希望も術も持たぬ彼女を金で買ったのは、ヒト為らざる魔法使いだった……。新進気鋭の作家が描く、英国を舞台にした異類婚姻幻想譚が堂々、開演!(BLADE COMICSより引用)


舞台はお伽話の聖地イギリス、人の心がわからない魔法使いと心に闇を持ってる人間のお話。独特な世界観のファンタジーで異種婚をテーマにしていながら展開はすごく緩やかです。絵も幻想的ですごく綺麗ですよ。就寝前によむとホンワカふわふわと眠れる作品。


とつくにの少女


出典:©︎とつくにの少女

新たな人外×少女の物語、始まる――。分かたれる世界でも、繋がり合う心。 昔々、遠く遥けき地に二つの国ありて――。触れると呪われるという異形の者棲まう『外』と、人間が住まう『内』で分かたれた世界。本来であれば、交わらぬはずのふたりが出会った時、小さな物語が密やかに動き出す。これは朝と夜――その深い断絶の宵に佇む、ふたりの御伽話……。(BLADE COMICSより引用)


白黒の世界に広がるぞわっとするような怖さと、そっと寄り添うような優しさを感じる不思議なお話、まるで絵本のような雰囲気と美しさがあります。輸入雑貨なんかが好きな方には特におすすめ!おしゃれな雰囲気がストーリーからも絵柄からも滲み出していますよ。

ジャケ買いおすすめ漫画



ソマリと森の神様


出典:©︎ソマリと森の神様

地上は異類異形の人外たちが支配する世界。 人間は迫害され、絶滅の危機に瀕していた。 そんなある日、森の番人である「ゴーレム」と ひとりの人間の少女が出会う。 滅びゆく種族「人間」と森の番人「ゴーレム」の父娘の絆を綴った旅の記録。(ゼノンコミックスより引用)


表紙の書き込みがすごいと思ったら中身はもっとすごかった。人狩りで、人間がほとんどいなくなった世界。森の番人のゴーレムと人間の幼い女の子が両親を探す旅をするファンタジー。優しく(人間には優しくない)癒されるストーリーで、背景の独特なタッチと細かな書込みが、物語をより魅力的にしています。



ノラガミ


出典:©︎ノラガミ

神さまを拾いました。――いたいけな女子中学生が道ばたで出会った、住所不定無職・自称[神]なジャージのひと。ガサツで気分屋でヘタレ、ろくに祈願もきいてくれないが、一つだけ能があった。此岸と彼岸とその狭間――世の有象無象すべてを、ぶった斬ること!!(講談社コミックスより引用)


5円もらったらキッチリ仕事します!日本の神話や神様を題材に扱った漫画が好きな人にはぜひおすすめしたい一冊。ちゃらんぽらんしてるけど、どこか影のあるヤト神。いつもは頼り無さそうなのに、いざという時には堂々としてすごくカッコ良い!シリアスとギャグの部分が絶妙で面白いですよ。



アルスラーン戦記


出典:©︎アルスラーン戦記

国が燃えている…。世界はどれだけ広いのか? 強国「パルス」の王子・アルスラーンは、いまだ何者でもなく、ただ好奇心にあふれていた。「頼りない」「気弱」「器量不足」と言われたアルスラーンが14歳になった時、遠国の異教徒がパルスへ侵攻。アルスラーンは初陣の時を迎える。パルス軍の強さは古今無双。この戦もパルスの圧勝に終わると誰もが信じていた……。(講談社コミックスより引用)


原作はかなり前からの超有名小説、アルスラーンの暮らす国が誇る強さ、それによりもたらされる栄華から始まります。思った以上に戦闘描写は残酷ですが、だからこそアルスラーンが立ち上がることに光を見出せます。とてもわくわくできる王道の英雄譚ですよ!



D.Gray-man


出典:©︎D.Gray-man

AKUMAとは『機械』と『魂』と『悲劇』を材料に造(う)まれる悲しき悪性兵器。そのAKUMAを製造し世界の終焉を目論む「千年伯爵」に対抗するため、神の十字架を左手に持つエクソシスト・アレンの戦いが始まる!!(講談社コミックスより引用)


設定は神話を元にしたダークファンタジー。AKUMAを生み出し、世界を終焉へと導こうとする千年伯爵と戦うエクソシストの物語です。アレンの明るさやエクソシストのキャラの濃さで和らいでいますがなかなか暗い世界観、ダークファンタジー好きにはドツボだと思います!


出典:©︎D.Gray-man


ピアノの森


出典:©︎ピアノの森

森のピアノは、その少年を待っていた――。捨て去られたピアノ。壊れて音の出ないピアノ。いま、ひとりの少年の選ばれた指が、失われた音を呼び覚ます。少年の名は一ノ瀬海(いちのせかい)。彼は心に深く豊かな森を抱えていた。(モーニングKCより引用)


大感動!最後まで涙々の名作です。誰もが立ち入る事を恐れるような地域に住んでいる少年カイが、過酷な現実に立ち向かいつつも師となる先生に出会い、天才的なピアニストになるお話。森の中のピアノの佇まいが絵的に良く、そこで流れる音や森の中の空気感を感じさせてくれて物語を深めています。言葉や絵での表現がとても多彩で惹き込まれます。


出典:©︎ピアノの森


Pandora Hearts


出典:©︎Pandora Hearts

15歳の成人の儀に訪れた紅き厄災・・・その身に覚えのない罪により、永遠の牢獄アヴィスに堕とされたオズ=ベザリウスは「アリス」と出会う――。抗えない運命の歯車が、絶望へと誘うかのように・・・。(Gファンタジーコミックスより引用)


不思議の国のアリスをモチーフにしたゴシックファンタジー。15歳の成人の儀式の最中に永遠の監獄アヴィスに堕とされた主人公オズ。そこでアリスという少女と出会い、彼女の失った記憶探しを手伝うことになった…。絵が綺麗で読みやすいですし、細かい設定、華麗に回収される伏線、もうすごいです!


終わりのセラフ


出典:©︎終わりのセラフ

未知のウイルスにより人類は壊滅、子供だけが生き残り、地下都市で吸血鬼に支配されていた。勝気な少年・百夜優一郎は仲間たちの犠牲のもと、ただ一人脱出に成功、復讐を誓う。優一郎が見た新しい地上の世界とは!?(ジャンプコミックスより引用)


一度終わってしまった世界で、今のこの世界を牛耳る吸血鬼に抗う人間たちの物語。イケメンたちが吸血鬼と戦う、殺されたと思っていた仲間が吸血鬼になって蘇るという腐女子ホイホイ設定です。若干、ありがちというか独自色が薄くも感じますが面白い!



ドロヘドロ


出典:©︎ドロヘドロ

ちょっとコワい顔だけど、性格は意外とカワイイ!? “爬虫類顔”のイイ男・カイマンが人間の姿を取り戻すべく、彼を異形に変えた「魔法使い」に立ち向かう!!(BIC COMICS IKKIより引用)


トカゲに食べられる人間、口の中の男、そしてトカゲ頭は主人公だった…と怒涛の幕開け。世界観の説明はあまりなく、ちょっとグロい雰囲気なのに、登場人物がちょいちょいかわいいファンタジー。ちょっと絵が雑なのも味ですが、話が飛ぶので、えっとどっち側だったっけ?とついていけないとこもあります。というわけでめちゃくちゃ面白いです。




あとがき

おすすめのファンタジー漫画をご紹介してきました。癒される作品からゾクゾク楽しめる作品までどの作品も凄く面白い漫画ばかりです。もちろん『ダンジョン飯』や『七つの大罪』のような超人気作もおすすめ、読んでしまうと絶対にハマると思いますよ。気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。