いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

おすすめの完結済みホラー漫画!恐怖を楽しみたい時にうってつけ!


ドキドキ、ゾクゾク、恐怖感を楽しみたい時はやっぱりホラー漫画ですよね。今回はおすすめのホラー漫画を完結済みの作品の中から厳選してご紹介していきたいと思います。

おすすめの完結済みホラー漫画

それでは完結済みのホラー漫画を厳選してご紹介していきたいと思います!あらすじと簡単なレビューも記載していますので参考にして頂ければ幸いです。どうぞごゆっくりお楽しみ下さい。

戦慄!おすすめの怖すぎるホラー漫画 厳選20作品!

真昼の百鬼夜行

妖怪と人とが共存する世界を優しく切なく時にもどかしく描いたお話。現実に居たらこんな感じなのかなとニヤニヤ出来るホラー作品!

2巻完結 比嘉 史果


出典:©︎ 真昼の百鬼夜行

人の心を読むさとり。不吉な予言をするくだん。人真似をして追いかけてくる河童――。山が人里に変わり、夜の闇が払われた現代。妖怪たちは日中堂々、街中に現れる! 悪気はないけど、はた迷惑な彼らと、私たち人間はどうやって共存すればいいのだろう? 新鋭・比嘉史果が情感たっぷりに描く、現代妖怪奇譚!( ハルタコミックス より引用)


普通に妖怪が存在する世界。わかりあえたり、わかりあえなかったりしながらお互いの存在を当たり前のように受け入れている世界観がとても暖かくて心地良い。見た目がちょっと…な妖怪もだんだん可愛くて愛おしい存在に!1話毎に綺麗にまとめられた短編はどれも読みやすくて面白いですよ。


最底辺の男

ちょっと気持ち悪い部分が多いので読むのに注意は必要かなと思いますが、周りから侵略されていく怖さや油断できない状況にハラハラ!

3巻完結 山口 ミコト


出典:©︎ 最底辺の男

クラスの底辺をさまよう臭いフェチ・村井雅彦(16)。ある日、転校してきた美少女・水沢遥と付き合うことになった、彼の口からこぼれた言葉は「水沢遥は5年前に死んでいる」という事実だった…。彼女はいったい何者なのか!? その目的は!? 心揺るがす最底辺サスペンスホラー開幕!( ガンガンコミックスJOKER より引用)


表紙の印象と全然違います。底辺にいることを自覚しているけど、最底辺ではないことを自負している男の日常とみせかけて、人に擬態した化け物の出てくるサスペンスホラー。主人公がときどき格好よくみえるのが悔しい。


マッシュルーム

自分のクローンが…良い具合いのグロさと登場人物の表情の描き方がとても魅力的で惹き込まれます。

4巻完結 小池 ノクト


出典:©︎ マッシュルーム

「人間なんざ単なる獲物にすぎないんだよ」 20世紀末、南太平洋某所で製薬会社の資源調査チームが遭遇した、奇妙で凄惨な殺戮劇。時は流れ現代・東京。高校生・橘倫は、一家心中の舞台となったアパートを訪れた帰り、死んだはずの男とすれ違う……!! ノンストップ侵食ホラー、開幕――!!!( バーズコミックス より引用)


キノコっぽい細菌が引き起こすパニックホラー。20年前、南太平洋の某島で製薬会社の調査チームが遭遇した恐るべき事件…。時は流れて高校生が無理心中の在ったアパートの部屋を訪れた事から、自分と「自分であって自分ではない何か」との凄惨な殺し合いの幕が上がります。作画の不気味さによる底上げもあって面白いのですが打ち切りのような終わり方が残念でなりません。


6000 ロクセン

閉所恐怖症や暗所恐怖症を持ってる人は絶対に読まないで!な深海サスペンスホラー。

4巻完結 小池 ノクト


出典:©︎ 6000 ロクセン

巨大海底プラントで起こった作業員全滅事故。ここには絶対に何かがいる…。暗闇と狂気に窒息する深海6000メートルの世界。異能の新鋭・小池ノクトが描く、人類最新ホラー!!( バーズコミックス より引用)


もう一冊小池ノクトさんの作品。深海6000mの施設の中で起きる奇妙な出来事の数々。考えただけで息が苦しい!気が狂ってしまいそうなほどの恐怖が、読んでいるだけで伝わってきます。逃げ場のない場所でのパニック物はやっぱり怖いですね。グロ描写も多めなので苦手な方は注意しましょう。


カラダ探し

全体的にサバイバルホラーですが、そこかしこに愛があります。ただ残酷だったり非道だったりと言う内容では無くて読みやすい。

17巻完結 村瀬 克俊


出典:©︎ カラダ探し

友人の遥から「私のカラダを探して」と依頼された明日香たち。それは、学校に伝わる“赤い人”の怪談を予感させるものだった――。早くすべてのカラダを見つけなければ、永遠に同じ日が繰り返され、何度も“赤い人”に殺されると言うが…。(ジャンプコミックスより引用)


バラバラにされているカラダを探しながら、赤い人から逃げるという「カラダ探し」にいきなり巻き込まれた数名。もしも赤い人に出くわしたら、決して振り返ってはいけない…読者どころかキャラたちすら状況をつかめていないので臨場感がでて不気味に感じます。死が迫ってくる感じが凄く怖い!


フロイトシュテインの双子

ややコミカルなホラーというか、過剰さが笑いにつながるホラー。兎に角主人公を不幸にするのが好きな作者さんです。

1巻完結 うぐいす 祥子


出典:©︎ フロイトシュテインの双子

教師を目指す冴えない大学生・桜井は、古めかしい洋館に住まう可愛らしい双子の家庭教師をすることに。しかし、その双子の正体は、黒魔術に傾倒する邪悪な子どもたちであった。双子の“玩具”として弄ばれる、桜井の悪夢のような毎日が始まる…!( ヤングジャンプコミックスより引用)


グロくてブラックユーモアの効いたホラー短編集。ホラーとギャグは紙一重とよく言いますが、これは完全な融合。悪魔的な双子と家庭教師のお話で、かわいらしい絵柄とギャップの大きい残酷な黒魔術を使った悪戯を家庭教師に繰り返す双子たちのお話。こんなに可愛いのにしっかり怖い!


座敷女

追い詰められる恐怖…もう最初からずっと怖い。都市伝説を描いたようなありそうでない怖さがあって面白い!

1巻完結 望月 峯太郎


出典:©︎ 座敷女

雷のなる深夜、森ヒロシはドンドンという音で目が覚めた。外を覗(のぞ)いてみると、隣の部屋の前に、ロングコートにロングヘアー、紙袋とバッグを提げた異様な大女が立っていた。翌日から、突如その大女に付きまとわれるようになった森。サチコと名乗る女の行動は次第に異常さを増してきた。彼女の目的は何? そして彼女は何者!? ひたひたと迫りくる恐怖に、あなたは耐えられるか? 望月峯太郎の傑作ホラー!( KCデラックス ヤングマガジン より引用)


定番の感がありますがやっぱり面白い!そして理不尽。ただ隣人を訪ねてきた長身の女性と目があっただけで、異常な執着を受ける大学生…。徐々に追い詰められる焦燥感や意味がわからないけれど怖い!を味わいたい人におすすめです。


サユリ

ただ単純に怖い!じゃなくて、精神面までやられる怖さ。その怖さが知らない間に胸を絞るような哀しみにかわる良作ホラー。

2巻完結 うぐいす 祥子


出典:©︎ サユリ

この家に住んでた人って…どんな人だったの…? 夢の一戸建てマイホームへと引っ越した神木家。しかし、家族7人揃ってのありふれた幸せを満喫する間もなく次々と不幸で不気味な出来事がこの一家にふりかかる…。鬼才・押切蓮介の超絶ホラー、開幕――。( バーズコミックス より引用)


精神的な恐怖がメインの話。一戸建ての中古住宅を購入し、これからは祖父母も一緒に皆で住めると喜ぶ家庭に容赦なくふりそそぐ不幸と恐怖。1巻だけだと救いようの無い話になってしまいますので、是非2巻と合わせてお読み下さい!圧倒的な理不尽に己の力で立ち向かう押切さんらしい作品です。


恐之本

何も悪い事をしていない人間が不幸になる理不尽さが面白くて恐ろしい。寒気がする程の怖さがあります。

10巻完結 高港 基資


出典:©︎ 恐之本

高港基資ホラー傑作選集。あなたを恐怖の世界に誘います…。( SGコミックス より引用)


短編集ですがどの話もはずれが無くて、どれも怖い直球ど真ん中のガチホラー。心霊的恐怖も扱いながら、人間的恐怖も題材としていて、恐怖を楽しみたい方にはうってつけの一冊です。


BOX〜箱の中に何かいる〜

こう見えて異世界転生ものではありません、ただ主人公が勇者よりも魔王よりも強いLv最強の村人という斬新な設定がかなり面白い!

3巻完結 諸星 大二郎


出典:©︎ BOX〜箱の中に何かいる〜

差出人不明で届いた「パズル」とチケットに導かれるように、奇妙な四角い館に集まった7人。興味本位で来たという謎の女も加わり、中に入った彼らを待ち受けていたのは人形のような美少女と、想像を絶する迷宮だった。パズルを解かなければ出られない。解けば、体の一部が消える! 彼らは脱出できるのか? そして「招待主」は何者なのか? 幻想漫画の巨匠が仕掛ける状況限定(ソリッド・シチュエーション)型サバイバルホラー!( モーニング KC より引用)


主人公のもとに届いた伝統工芸品のパズル。それを解いた途端、まわりで不可解な出来事が起こり始めます。そして何かに誘われるようにしてある建物に誘い込まれることに。閉じ込められた他の人たちと一緒に、パズルを解き明かしながら脱出を模索していきます。パズル系なので無機質かと思いきや、さすがドロドロの作家さんだけあって十分に有機的。異様な描写や異形が突然現れる不気味な雰囲気がとにかく印象的な作品てす。


まとめ

おすすめの完結済みホラー漫画をご紹介してきました。ゾクゾクする不気味さや恐怖を感じる事の出来る良作・傑作ばかりです!気になる作品があれば是非手に取ってみて下さいね。

関連記事