いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

【随時更新】2017年公開の映画化・実写化される小説まとめ



今回は、2017年度に映画化・実写化される小説をご紹介していきたいと思います。気になる作品があれば公開されるまでに予習として一度手に取ってみてはいかがでしょう。

2017年に映画化される原作小説

  • 表記はタイトル、公開日、映画概要、原作書評の順になっています。

どの作品も心を打つ名作ばかりです、映画では原作とは少し内容の異なる場合もありますが、原作の簡単なレビューも載せていますので参考にしてみて下さいね。それでは思う存分お楽しみ下さい!

君の膵臓をたべたい

(2017年7月28日公開)

出典:©︎君の膵臓をたべたい

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の 言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。 彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を 思い出していく―。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、 【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、 終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた―。そして、ある事をきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人―。(映画『君の膵臓をたべたい』オフィシャルサイトより引用)


余命短い彼女とそれを偶然知ったクラスメイトとのお話。何度でも読み返したくなるような綺麗なラブストーリーです。友達がいない『ぼく』は、膵臓に病を抱える少女とあることがきっかけで関わるようになります。少女の強引なやり方に戸惑いつつも、『ぼく』は次第に人と触れ合う喜びを感じるようになっていきます。少女との日々は突然終わりますが、タイトルに込められた意味はとても深いものでした。読みやすく重い感じもないのに、しっかりと思いの詰まっている作品です。映画、見たいけど最初から泣いてしまいそう…。

泣ける!おすすめの恋愛小説



星砂物語

(2017年8月4日公開)

出典:©︎2017 The STAR SAND Team

1945年の沖縄。戦禍から遠く離れた小さな島の洞窟で日本人とアメリカ人、2人の脱走兵と出会った16歳の少女・洋海。戦うことが嫌になり軍から離れた敵同士の2人と洋海の3人の間に不思議な関係が築かれていく。しかし、隆康の兄・一(はじめ)が洞窟を訪れたことから、事態は大きく変わっていく。2016年の東京。大学生の志保は、卒業論文の資料として教授から一冊の日記を手渡される。その日記には1945年、戦時中に沖縄の小島で暮らす16歳の少女が見聞きした事柄が記されていた。(STAR SAND ─星砂物語─より引用)


沖縄の孤島『鳩間島』の洞窟が舞台、日米それぞれの脱走兵に16歳の少女『洋海』の3人を中心に描かれた終戦前の綺麗な物語。 敵どうし、お互いの人格を認めあいながらの平和な日々、戦争が終わればお互い友達になろうと言いながらそこまで生かせてくれなかった…。こんな静かな戦争小説があったのかと心揺さぶられます。筆者は外国人ですが、風景や日本人の心理描写が上手く描けていて、淡い絵本のような読後感でした。


幼な子われらに生まれ

(2017年8月26日公開)

出典:©︎幼な子われらに生まれ

バツイチ、再婚。一見良きパパを装いながらも、実際は妻の連れ子とうまくいかず、悶々とした日々を過ごすサラリーマン、田中信(浅野忠信)。妻・奈苗(田中麗奈)は、男性に寄り添いながら生きる専業主婦。キャリアウーマンの元妻・友佳(寺島しのぶ)との間にもうけた実の娘と3カ月に1度会うことを楽しみにしているとは言えない。実は、信と奈苗の間には、新しい生命が生まれようとしていた。血のつながらない長女はそのことでより辛辣になり、放った一言―「やっぱりこのウチ、嫌だ。本当のパパに会わせてよ」。今の家族に息苦しさを覚え始める信は、怒りと哀しみを抱えたまま半ば自暴自棄で長女を奈苗の元夫・沢田(宮藤官九郎)と会う決心をするが・・・。(「幼な子われらに生まれ」製作委員会より引用)


妻の連れ子との関係がうまくいかずストレスを抱える『私』。再婚の37歳男性が、連れ子2人と生まれてくる赤ちゃん、前妻との子供の間で揺れてる気持ちが描写されています。 とても複雑で繊細なテーマがささくれだった会話や巧みな感情表現で描かれていて、これぞ重松清ワールドという感じ。『家族』とは何なのか、深く考えさせられる一冊です。


トリガール

(2017年9月1日公開)

出典:©︎トリガール

鳥人間コンテストに挑む若者たちの青春をつづった中村航の同名小説を、「青空エール」の土屋太鳳主演で実写映画化。女子大生の鳥山ゆきなは、一目ぼれした先輩・高橋圭に誘われて人力飛行サークルに入部する。圭先輩との幸せなキャンパスライフに期待を膨らませるゆきなの前に現われたのは、サークル史上最高のパワーを持つ先輩・坂場大志だった。ヤンキー被れの坂場先輩を一瞬で大嫌いになるゆきなだったが、パイロット班は圭先輩、坂場先輩とゆきなのたった3人だけ。憧れの圭先輩と空を飛びたいというゆきなの夢は、早くも打ち砕かれてしまう。(映画『トリガール』公式より引用)


鳥人間コンテストに向けて奮闘する女の子のキラキラと眩しい青春小説。最初の動機が不純ながらもどんどんのめり込んでいく主人公・ゆきな。きっかけはどうであれ、パイロットとして懸命に努力するゆきなや、一年間寝る間も惜しんで作っていくパーツ毎の製作陣の模様や、人間関係が爽やかに描かれています。湖畔に吹き渡る爽やかな風が心にも吹きぬけていったような素敵な読後感ですよ。


二度目の夏、二度と会えない君

(2017年9月1日公開)

出典:©︎二度目の夏、二度と会えない君

バンド仲間の森山燐に思いを寄せていた高校3年生の篠原智は、不治の病を患う燐が他界する直前に思いを伝えるが、激しく拒絶されてしまう。燐がこの世を去ってから数カ月、智は「この世には伝えてはいけない事がある」という罪悪感で立ち直れずにいた。そんな智の身にタイムリープが起こり、燐と初めて出会った半年前のある夏の日に戻る。あの時と同じように燐のバンドに参加した智は、燐が最後まで笑顔のままでいられるよう、自分の気持ちを押し殺すことを心に決め、文化祭に向けてバンドのメンバーとして再び燐との夏を過ごすが……。(『二度目の夏、二度と会えない君』公式より引用)


病気で亡くなるヒロインを傷つけてしまった最初の世界。好きだって言ってしまったことを悔やんで自分を押し殺して過ごす二度目の世界。辛さを堪えながら燐からの好意はありえないと徹底するあまりに、二人の気持ちがすれ違うのがもどかしい…。タイムリープするというSF要素もありますが爽やかだったり切なかったりする青春ものが好きな人にはおすすめ。

散歩する侵略者

(2017年9月9日公開)

出典:©︎散歩する侵略者

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。夫・真治は会社を辞め、毎日散歩に出かけていく。一体何をしているのか…?その頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中、天野という謎の若者に出会い、二人は事件の鍵を握る女子高校生・立花あきらの行方を探し始める。やがて町は静かに不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる。(映画『散歩する侵略者』公式より引用)


人から『概念』を奪う侵略者が街に現れるという意表を突く設定。彼らは人間の身体を乗っ取り、何食わぬ顔をして街を散歩しながら、概念を集めていきます。『家族』『禁止』『愛』……。淡々としていてちょっと残酷で、静かに不思議なお話、日常と非日常の境界が溶け合うような物語に引き込まれます。


ナミヤ雑貨店の奇蹟

(2017年9月23日公開)

出典:©︎ナミヤ雑貨店の奇蹟

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのか――?そして、敦也たちがある人物からの"最後の手紙"を受け取ったとき、彼らの運命は一変する。隠された繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない感動と衝撃のラストが待ち受ける。(映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式より引用)


東野圭吾さんの描くSF風味の心温まるクロニクル。悪事を働いた若者3人組が逃げ込んだ古い家、そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店。ある晩、空家になったナミヤ雑貨店に次から次へと悩み相談の手紙が届きます。その店は、1日だけ過去と繋がる不思議な雑貨店…。相談者達や色々なストーリーが次々とつながっていくとっても素敵でほんわかするお話。温かく優しい気持ちになれる1冊です。


ユリゴコロ

(2017年9月23日公開)

出典:©︎ユリゴコロ

亮介は余命わずかな父の書斎で1冊のノートを見つける。「ユリゴコロ」と書かれたそのノートには、ある殺人者の記憶が綴られていた。その内容が事実か創作か、そして自分の家族とどんな関係があるのか、亮介は様々な疑念を抱きながらも強烈にそのノートに惹きつけられていく。謎に包まれた殺人者・美紗子役を吉高、彼女と運命的な出会いをする洋介役を松山ケンイチ、ノートを発見しその秘密に迫る亮介役を松坂桃李がそれぞれ演じる。(映画『ユリゴコロ』オフィシャルサイトより引用)


ホラーサスペンスなのですが、愛の話でもある不思議な物語。人の死が心の拠り所になっていく女性の殺人の記録を偶然見てしまった青年が、その手記に書かれている現実と向き合っていく事になるというお話。怪奇的な内容で話がどういう方向にいくのかと思いましたが、なんだかラストは穏やか。非人道的であるのは理解しつつも家族の愛情の深さに涙!


ナラタージュ

(2017年10月7日公開)

出典:©︎ナラタージュ

高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる―。恋愛の痛みと、それに勝る幸せを余すことなく描く大人のための恋愛映画が。自分を救ってくれた教師・葉山(松本)に、どうしようもない運命に抗いながら、不器用でも止められない想いを貫こうとする泉(有村)の姿は、誰もが心に秘める忘れられない純愛を呼び覚まします。(映画『ナラタージュ』公式より引用)


天真爛漫な女の子と、それに恋した先輩のお話。宙に浮く自称天狗の青年、街中を走る巨大な三階建ての電車、身の丈程ある鯉のぬいぐるみを縄で背負う少女や、くしゃみをすると竜巻を起こす老人…。ギリギリ頭の中で画にできるとても不思議な世界、読むのがワクワクするファンタジーな一冊です。エンディングもかわいらしいですよ!

甘くて切ない大人の恋愛小説



月と雷

(2017年10月7日公開)

出典:©︎月と雷

あたしはこれから普通の家庭を築き、まっとうな生活を重ねていく。結婚を控え、そう考えていた泰子の前に現れた、かつて半年間だけ一緒に暮らした父の愛人の息子、智。20年前、愛人・直子と智が転がり込んできたことで、泰子の家族は壊れたはずだった。根無し草のまま大人になった智は、ふたたび泰子の人生を無邪気にかき回し始める。「邪魔しないであたしの人生」、そう普通の幸せを願っているはずなのに……。泰子は智とともに自分の母親、異父妹、そして智の母・直子を訪ねて行くことで、平板だった自分の人生が立ちどころに変わって行くのに気づき始める。(映画『月と雷』公式より引用)


心がざわつく家族小説。母親とともに根無し草のように生きてきた主人公が過ごす日常を描いた作品。登場する人物がどこかしら捻れていて、これを読んでいると、実は普通の人なんていないのかもしれないとさえ思ってしまいます。決してワクワクする内容ではなく、むしろ多少イライラしながらも楽しく読めるといった感じの作品です。


彼女がその名を知らない鳥たち

(2017年10月28日公開)

出典:©︎彼女がその名を知らない鳥たち

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。(映画『彼女がその名を知らない鳥たち』公式より引用)


こちらも沼田まほかるさんの作品。8年前に自分を捨てた男、黒崎を忘れられずにいる主人公の十和子。今、一緒に暮らす15歳年上の陣治は、不器用で不潔でだらしないのですが、十和子がどんなに怒鳴っても、いつも優しく接してくれる。誰も幸せになれない…憂鬱な感じが終始漂う作品です。出てくる人のほとんどがダメ人間で不快に描写されているのにどんどん読めるすごい筆力はお見事です!


ポンチョに夜明けの風はらませて

(2017年10月28日公開)

出典:©︎ポンチョに夜明けの風はらませて

男子高校生の又八、ジン、ジャンボの3人組は、将来に希望を持てないまま平凡な日々を過ごす一方で、「変わりたい」という漠然とした願望を抱えていた。仲間の中田と企てた卒業式乗っ取りライブを目前にしたある日、3人はジャンボの父親の車に乗って高校最後の旅に出る。一癖も二癖もある人々との出会いを通して少しずつ成長しながら、何かに導かれるようにそれぞれの生き方を発見していく3人だったが……。(映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』公式より引用)


卒業式が明後日に迫った今、何か大きなことをしたいっていう高校生が車で旅に出るっていうお話。卒業式までには帰るから!と始まった無茶苦茶な旅、途中でどんどん人が増え、どんどんおかしな方向へ。くだらなくって馬鹿馬鹿しくて、羨ましい!今すぐにでも旅に出たくなるような、心躍らせてくれる一冊です。


氷菓

(2017年11月3日公開)

出典:©︎氷菓

「やらなくてもいいことなら、やらない」を信条とする折木奉太郎は、入学したばかりの神山高校でも平穏な日々を望んでいたが、姉の命令で廃部寸前の古典部に入るハメに。ある事情から古典部に入部してきた美少女・千反田えると出会った奉太郎は、好奇心のかたまりのような彼女の行動に巻き込まれ、学園内で起こる不思議な出来事を持ち前の推理力で次々と解き明かしていく。そんなある日、えるは奉太郎に「10年前に失踪した伯父が残した言葉を思い出させてほしい」という奇妙な依頼をする。(映画『氷菓』公式より引用)


自ら省エネと称するほど、物事に積極的には関わろうとしない奉太郎が、入る気のなかった古典部に入部して、日常に起こる様々な謎を解き明かしていく物語。ミステリーとは言いつつもそこまで奇抜な謎は出てきませんが、キャラクターの魅力でドンドン読み進められます。

米澤穂信さんのおすすめ作品



火花

(2017年11月23日公開)

出典:©︎火花

お笑いコンビ・スパークスを結成するも、売れない芸人として下積み生活を送る徳永。そんな時、営業で訪れた熱海の花火大会で、先輩芸人で、お笑いコンビ・あほんだらとしても活躍する神谷と出会う。その後、徳永は「俺(神谷)の伝記を書く」という条件つきで、天才肌としても知られる神谷の弟子入りを果たすことになります。人間味があるものの人付き合いの悪い神谷は、徳永を弟子につけたことで次第に心を開くようになり、芸を伝授するようになっていきます。(映画『火花』公式より引用)


駆け出しの新人漫才師スパーク『徳永』の成長と挫折の物語、それと並行して自分の笑いを追求し続ける先輩芸人『神谷』の不器用な生き様が描かれた、喜怒哀楽のぜんぶ詰まった作品。芸人という職業の切なさを感じて胸が苦しくなったり、2人のやりとりにくすっと笑ってしまったり、すっかり物語の中に入り込んでしまいました!


あとがき

2017年映画化・実写化される予定の小説をご紹介してきました。どれもとても素敵な作品ばかりですね!映画化されてどの様になるのかとても楽しみです。気になる作品が見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。

夏に読みたい!爽やかで甘酸っぱい恋愛小説 8冊!

暑い!こんな日はクーラーの効いた涼しい部屋で小説を楽しむのが一番!今回は、爽やかで甘酸っぱい『夏っぽい恋愛小説』をご紹介していきたいと思います。素敵な作品ばかりを厳選してご紹介していきますので是非参考にしてみて下さいね。

夏に読もう!おすすめの恋愛小説

どれもおすすめの恋愛小説ばかりですので、是非お気に入りの作品を見つけて下さいね。涼しい部屋で思い切り夏を満喫して下さい!

ハローサマー、グッドバイ


出典:©︎ハローサマー、グッドバイ

夏休暇をすごすため、政府高官の息子ドローヴは港町パラークシを訪れ、宿屋の少女ブラウンアイズと念願の再会をはたす。粘流が到来し、戦争の影がしだいに町を覆いゆくなか、愛を深める少年と少女。だが壮大な機密計画がふたりを分かつ…少年の忘れえぬひと夏を描いた、SF史上屈指の青春恋愛小説(河出文庫より引用)


地球ではない惑星を舞台にしたボーイミーツガールの王道といった展開。ひと夏の甘酸っぱい気持ちを感じながら読める最高のSF作品です。不思議な生物が幾種類も出てきますし、ドローヴとブラウンアイズの恋模様は爽やか、SFというよりファンタジー物語を読み終えた気分。通して読んだ後のこの作品のラストは心の底から気持ち良い!


夏のバスプール


出典:©︎夏のバスプール

夏休みまであと5日! 青春初恋物語 2012年、世界は12月で滅亡するとの噂だが、高校1年生の涼太は、仙台から来た同級生に恋をする。一風変わった彼女には複雑な事情が・・・? 小説すばる新人賞受賞第一作、胸キュン青春小説!(集英社文庫より引用)


高校1年生、夏休み前のたった5日間で起こったトマトから始まる恋。主人公と仙台からの転校生、久野ちゃんの関係はトマトみたいに甘酸っぱい!大人の恋と違ってもどかしいところが良さでもありました。ジャケットの雰囲気そのままに爽やかで、夏、トマトって感じの一冊。


あのとき始まったことのすべて


出典:©︎あのとき始まったことのすべて

社会人3年目、営業マンとして働く僕は、中学時代の同級生、石井さんと10年ぶりに再会した。奈良の東大寺を訪れた修学旅行や、複雑な気持ちを秘めて別れた卒業式。当時の面影を残す彼女を前に、楽しかった思い出が一気に甦る。そして新たに芽生えた思い…。しかし、一夜を共にした僕らに待っていたのは意外な結末だった―。きらきらと輝いていたあの頃を丹念に掬い上げた、切なくて甘酸っぱい最高純度のラブストーリー。(角川文庫より引用)


中学校の同級生が十年振りに再会することで始まる甘酸っぱい物語。これは爽やか!とっても爽やかです。中学生の頃に仲良しだった同級生とは、永遠に続くような思い込みがありますよね!結末は少し切ないのですが、その切なさを微塵も感じさせない岡田くんの晴々しさにもまた爽やかな読了感!


おいしいコーヒーのいれ方・キスまでの距離


出典:©︎おいしいコーヒーのいれ方

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。(集英社文庫より引用)


『おいしいコーヒーのいれ方』ってなんだか良い響きですよね。こちらは青臭くも甘酸っぱい、勝利とかれんの関係を描いた恋愛小説、ただただ幸せになれるハッピーな作品です。余分な描写がなくてシンプル、すらすら読めますよ。感情移入というよりは、ドキドキしながら見守る形で読み進められる爽やかな一冊です。


恋人はいつも不在


出典:©︎恋人はいつも不在

大学の頃から好きだった時男と三年かけて、ようやく恋人関係になれた奈月。なのに、この頃、時男のやさしさが見えない…。そんな時、時男の昔の恋人・小夜子が現れる。派手な化粧がよく似合う小夜子にひかれる時男。そして、奈月の前にも、以前に告白された協介が…。社会人としても三年目を迎え、すれ違う恋人たちの心と、その成長を女と男、それぞれの視点から丹念に綴った長編小説。(集英社文庫より引用)


恋人同士のお互いの目線から物語が進んでゆき、男女の考え方の違いが細やかに描かれています。同じ時を過ごしていても、こんなに感じ方が違かったんですね…男女の気持ちのビミョーなすれ違いってこんなところからくるのかと納得。最後は気持ちよくハッピーエンドで読後感も爽やかな一冊です。


僕の好きな人が、よく眠れますように


出典:©︎僕の好きな人が、よく眠れますように

「こんなに人を好きになったのは生まれて初めて」。東京の理系大学で研究を続ける大学院生の僕の前に、運命の人が現れた。春、北海道からゲスト研究員でやって来た斉藤恵―めぐ。だが直後の懇親会で、彼女はある事情から誰ともつきあえないことを知る。やがて日夜研究を続けて一緒に過ごすうちに、僕はめぐへの思いを募らせ、遂に許されない関係に踏み出してしまった。お互いに幸福と不安を噛みしめる2人の恋の行方は。(角川文庫より引用)


中村航さんの作品をもう一冊。大学院生2人の不倫なのですが純愛というか清々しい恋愛話。こんなに誰かを好きになることって現実にあるの?と思うくらいの恋に落ちてしまう話です。あくまで不倫ですので好みはあると思いますが、お腹いっぱいになれる作品です。

不倫をテーマにしたおすすめの小説


ぼくは勉強ができない


出典:©︎ぼくは勉強ができない

ぼくは確かに成績が悪いよ。でも、勉強よりも素敵で大切なことがいっぱいあると思うんだ―。17歳の時田秀美くんは、サッカー好きの高校生。勉強はできないが、女性にはよくもてる。ショット・バーで働く年上の桃子さんと熱愛中だ。母親と祖父は秀美に理解があるけれど、学校はどこか居心地が悪いのだ。この窮屈さはいったい何なんだ!凛々しい秀美が活躍する元気溌刺な高校生小説。(新潮文庫より引用)


新潮文庫の100冊2017でも紹介されている『ぼくは勉強ができない』一見すれているけど、中身はとても素直で純粋な少年のお話。秀美くんの言葉に頷いたり、自分でも自覚していなかった気持ちに気付いてはっとしたり。とても素直な感覚で生きている主人公の目線に、いろんなことを教わる小説です。せりふまわしの軽快なリズムと爽快感もくせになりますよ!


夜は短し歩けよ乙女


出典:©︎夜は短し歩けよ乙女

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。(角川文庫より引用)


天真爛漫な女の子と、それに恋した先輩のお話。宙に浮く自称天狗の青年、街中を走る巨大な三階建ての電車、身の丈程ある鯉のぬいぐるみを縄で背負う少女や、くしゃみをすると竜巻を起こす老人…。ギリギリ頭の中で画にできるとても不思議な世界、読むのがワクワクするファンタジーな一冊です。エンディングもかわいらしいですよ!

壮大な世界観!SF・ファンタジー小説


あとがき

いかがでしたか?夏を感じる爽やかな恋愛小説を厳選してご紹介してきました。どれも甘酸っぱくて素敵な作品ばかりです!気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。

めちゃくちゃ怖い!おすすめホラー映画 厳選30作【洋画・邦画】


【更新情報】2017.7.18 記事更新
今回は、めちゃくちゃ怖いおすすめのホラー映画をご紹介していきたいと思います。

はじめに

夏と言えばやっぱりホラーですよね!めちゃくちゃ怖いホラー映画を観ればトラウマで眠れなくなるかも知れませんが、きっとゾクゾク冷んやりと快適に夏の夜過ごせるはず…勿論ただ怖いだけではなくストーリーもしっかり楽しめる作品ばかりをB級映画・新作・名作から厳選して、あらすじや感想と合わせてご紹介していきたいと思います。


おすすめのホラー映画【洋画編】

  • 掲載の順番はランキング形式ではありません、また作品は随時追加予定。
  • 表記はタイトル・公開年・上映時間・あらすじ・感想の順です。

それではまずおすすめホラー映画の中から洋画の作品をご紹介していきたいと思います。

エスター


2009年 ORPHAN 【123分】

孤児院の少女を養子に迎え入れた夫婦が、その日以来奇妙な出来事に遭遇する恐怖を描くサスペンス・ホラー。子どもを流産で亡くしたケイト(ヴェラ・ファーミガ)とジョン(ピーター・サースガード)は悪夢とトラウマに苦しみ、夫婦関係も限界を迎えていた。以前の幸せな日々を取り戻そうとした彼らは養子を取ることに決め、地元の孤児院を訪問。そこで出会ったエスター(イザベル・ファーマン)という少女を養女として迎え入れる。


孤児院から引き取られた不気味な少女エスターが巻き起こす悪徳の数々が描かれています。お化けとか怪物は出てきませんが、かなりゾッとする内容で、とにかくエスターが映ると怖い!ただ怖がらせるだけの映画ではなくストーリー性がちゃんとあって面白いですし、子役がみんな可愛くて演技力もかなり高いのも見どころ。



出典:©︎エスター

【参考:igelninaさんのレビュー】


ハッピーボイス・キラー


2014年 The Voices 【107分】

青年ジェリー(ライアン・レイノルズ)は、バスタブ工場で働いているだけの代わり映えのない日々を過ごしていたが、とある女性(ジェマ・アータートン)に心を奪われる。何とかアプローチを重ねて、彼女との距離を縮めることに成功したジェリー。しかしデートの約束をすっぽかされ、殺人事件を引き起こしてしまう。さらに、慌てふためくジェリーをペットである邪悪な猫と慈悲の心にあふれた犬が振り回し、狂気のふちに追いやる。


精神疾患の男ジェリーが心の声と葛藤しながらも、次から次に殺人を犯してしまう……。グロいはずなのに色彩が目立つから映像がポップ、全体の印象はどこかハッピーな感じ。笑えておもしろいのにゾクゾクこわい作品です。



出典:©︎ハッピーボイス・キラー

パラノーマル・アクティビティ


2007年 PARANORMAL ACTIVITY【86分】

幸せに暮らすひと組の若いカップル。ある日、家の中の様子がどこかおかしいことに気付き、悪霊がいると感じた二人は家中の至るところにビデオカメラを設置する。そして、二人が眠りに落ちた後に撮影された映像には、背筋も凍るようなものが映っていて……。


約100万円程の低予算で製作されたPOV系のホラー、全米興行収入第1位を記録して話題にもなりました。映画のほとんどの部分が暗視カメラ映像で他のホラー映画とは違った恐怖を味わえます。確かに怖いのですが、悪魔に脅かされる話なので悪魔文化のない日本では現実味を感じにくい人も多いかもしれません…なのでこの作品は好みが分かれそうですね。


ドント・ブリーズ


2016年 Don't Breathe【88分】

強盗を企てた若者3人が、裕福な盲目の老人の家に押し入ったことから、思いがけない恐怖に陥る様を描く。親元を離れ、街から逃げ出すための資金が必要なロッキーは、恋人のマニーと友人のアレックスとともに、地下に大金を隠し持っていると噂される盲目の老人の家に強盗に入る。しかし、その老人は目が見えないかわりに、どんな音も聴き逃さない超人的な聴覚をもち、さらには想像を絶する異常な本性を隠し持つ人物だった。


おじいさんの聴覚と嗅覚が敏感すぎな映画。普通の一軒家を、盲目である事で狭くも広くも見せる設定もなんだか凄い。どこに出てくるかわからない恐怖ではなく、目の前にいるのにいつ見つかるかどうかという恐怖をあじわえます。観ながら私も息を止めてました…怖かった。



出典:©︎ドントブリーズ

【参考:nenoさんのレビュー・ネタバレ】


ディセント


2005年 THE DESCENT【99分】

年に一度の冒険旅行で、アパラチア山脈奥地の巨大洞窟を訪れた6人の女たち。スリリングな洞窟探検を楽しむ中、突然の落盤で出口をふさがれた一行は、迷路のような洞窟内で別の出口を探してさまよう羽目になる。言い争いから仲間割れが生じ、ヘッドランプの電力も残りわずかとなった矢先、暗闇から何者かが襲いかかってくる。


女子6人の探検隊VS人食い地底人という感じの洞窟パニックホラーです。洞窟が舞台というだけで閉所恐怖症および暗所恐怖症の人は『暗いよ狭いよ怖いよー』かも。暗くて誰が誰だかわかりにくいところもありますが、恐怖度は抜群!先ほどのドント・ブリーズと同様『息苦しさ』がある作品です。

【参考:つぶらいんさんのレビュー】


死霊館


2013年 THE CONJURING【112分】

1971年アメリカ・ロードアイランド州、両親と5人の娘たちが古びた一軒家に引っ越してくる。しかし、毎朝母親の体にあざができ、一定の時間に止まる時計など不気味な怪現象が次々と発生し、娘たちに危害が及んだことから、一家は心霊学者のウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソン、ヴェラ・ファーミガ)に解決してほしいと依頼する。夫妻が現地を調査すると恐るべき歴史が明らかになり、夫妻は館に巣食う邪悪な存在に立ち向かうが……。


タイトルで少し損している感もありますが、グロ描写は皆無でちゃんとじわじわ怖い正統派ホラー映画。これが実話に基づく話と知ってより怖くなりました…部屋を真っ暗にしてタンスを開けたまま鑑賞することをお勧めします!



出典:©︎死霊館

【参考:『死霊館』の裏に隠されていた恐ろしい実話】


ライト/オフ


2016年 Lights Out【81分】

電気を消して暗闇になると現れるという不気味な何かに恐怖を抱く弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)を守るため、レベッカ(テリーサ・パーマー)は久々に実家に帰ってくる。二人はたくさんのライトを用意して夜を迎えるが、次々に明かりが消え暗闇からえたいの知れない何かが迫ってくる。狙われる理由もわからぬまま不安な時を過ごす中、レベッカの一家に隠された秘密が明らかになり……。


動画サイトにアップされたショートムービーが元ネタのスマートホラー。単純に、電気をつけたら消える、消したら現れるという設定がゾワゾワ怖くて最高、観終わって電気消す時怖なる映画。思いつきやすそうなのにあまり有名作が無いこの発想が良い!



出典:©︎ライト/オフ

ヴィジット


2015年 The Visit【94分】

休暇を過ごすため田舎にある母方の祖父母の家を訪れた姉弟は、優しく穏やかな二人に歓迎されるが、三つの奇妙な約束を伝えられる。楽しい時間を過ごす、好きなものは遠慮なく食べる、そして夜9時半以降は部屋から出てはいけないという内容だった。しかし、夜に変な気配を察知し起きてしまった姉弟は、恐怖のあまり約束を破ってドアを開けてしまい……。


人間が怖い系ホラーです。予想できない行動を取ってくる人間の不気味さには得体の知れない怖さがありますね…最初、料理上手でキレイなおばあちゃんが素敵だなぁなんて思っていたら…徐々にエスカレートする奇行は恐怖でしかありませんでした!ものすごく笑えて、ありえないほど怖い作品です。



出典:©︎ヴィジット

アザーズ


2001年 THE OTHERS【104分】

1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージー島。グレースは、この島に建つ広大な屋敷に娘アンと息子ニコラスと3人だけで暮らしていた。夫は戦地に向かったまま未だ戻らず、今までいた使用人たちもつい最近突然いなくなってしまった。屋敷は光アレルギーの子どもたちを守るため昼間でも分厚いカーテンを閉め切り薄暗い。そこへある日、使用人になりたいという3人の訪問者が現れる。使用人の募集をしていたグレースはさっそく彼らを雇い入れるが、それ以来屋敷では奇妙な現象が次々と起こりグレースを悩ませ始める……。


知らない誰かが家の中にいる…ストーリーと雰囲気で魅せるホラー。いかにもホラーな描写はほとんどないのですが、しっかり画面から気味の悪さが伝わってきます。そしてラストの切なくて驚愕などんでん返しが面白い!そして、ニコールキッドマンの美しさが際立ってます。


シャイニング


1980年 THE SHINING【119分】

冬の間閉鎖されるホテルに、作家志望のジャック一家が管理人としてやってきた。そのホテルでは過去に、管理人が家族を惨殺するという事件が起こっていたのだが……。モダン・ホラーの帝王S・キングの同名原作を離れ、キューブリックが独自に造り上げたホラー。


こちらは古めの名作、30年以上前の作品なのに 今見ても斬新、狂っていくジャック・ニコルソンの顔がひたすら怖い!雪の中で追い詰められる最後のシーンは、夢にでも出てきそうなほど印象的でした。そして終始音楽も怖い…。

【参考:ただ文句が言いたくてさんのレビュー】


イット・フォローズ


2014年 It Follows【100分】

ある男と熱い夜を過ごす19歳のジェイ(マイカ・モンロー)だったが、彼は突如として彼女を椅子に縛り付けて奇妙な告白をする。それは性行為をすることで、ほかの者には見えない異形を目にするようになり、彼らに捕まると殺されてしまう怪現象を相手にうつすことができるというものだった。さらに、その相手が異形に殺されたら怪現象は自身に戻ってくるという。信じられないジェイだったが……。


ついてくる。それはうつせるというコンセプトが面白い、不思議な感じのじわじわホラー。ただただ歩いてくるだけの『それ』なのに圧倒的な存在感を放ちます。遠くから見えていて徐々に近づいてくる、歩いて向かってくる。そして、どこにいても追ってくる…精神的な疲弊感の凄い作品です。



出典:©︎イット・フォローズ

キャビン


2012年 The Cabin in the Woods【95分】

森の別荘へとやって来たデイナ(クリステン・コノリー)やカート(クリス・ヘムズワース)ら大学生の男女5人。彼らが身の毛もよだつような内容のつづられた古いノートを地下室で発見し、呪文を唱えてしまったことから、何者かが目を覚ましてしまう。一方、彼らの知らないところではその一部始終が監視され、コントロールされていたのだった。そして、何も知らない彼らに魔の手が忍び寄り……。


こちらはホラー好きにしか刺さらないかも知れませんが、ホラー映画あるあると色々なクリーチャーが沢山でてくる、ちょっとB級っぽい雰囲気の作品。物語の最初から作り上げていたホラー的雰囲気を後半で思いっきりぶち壊し、想像以上の展開に笑ってしまいます!



出典:©︎キャビン

ファイナルガールズ


2015年 The Final Girls【88分】

ホラー映画の中に入り込んでしまった少女が遭遇する出来事を描く、異色のホラーコメディ。ホラー映画の女優だった母アマンダを事故で亡くしたマックス。3年後に母が出演していた映画を鑑賞していたところ、映画館で火災が発生し周囲はパニックに陥る。ふとマックスが気づくと、なんと物語の中に入り込んでいた。母に会うことができて喜ぶマックスだったが、殺人鬼ビリーも現われ、映画の脚本通りにストーリーが進んでしまう。果たして結末はシナリオ通りなのか…!?


スラッシャー映画を観てたら、映画内に飛び込んでしまったというメタホラー。このジャンルの最高峰は先ほどの『キャビン』だと思いますが、母と子の親子愛など、ホラーなのにホロリと来ると言う新たなスパイスも加わっています。こちらもホラー好きにおすすめの作品ですが…今気が付いたんですが『めちゃくちゃ怖い』からすこし脱線しかけていますね。


ミザリー


1990年 MISERY 【108分】

「ミザリー」シリーズで有名な人気作家ポールは雪道で事故に遭い、瀕死の状態を元看護婦のアニーに救われる。ポールの小説の熱狂的愛読者だった彼女は、彼を手厚く介護する。だが、新作「ミザリーの娘」でヒロインが死んだことを知り逆上した彼女はポールに心理的・肉体的拷問を加え始める……。


言わずと知れた名作『ミザリー』怖いです…これは恐怖。主人公である小説家の男のとんでもなく狂信的なファンを名乗る女性に監禁されるという、人間的怖さのホラーです。お化けより、ゾンビより、狂ってる人間が一番怖いの代表格。静かな山間部コロラド州が舞台ということで静寂感が恐怖を引き立たせています。


マーターズ


2007年 MARTYRS【100分】

何者かに拉致監禁され長期にわたり虐待を受け続けた少女、自力で逃げ出し傷だらけの状態で発見される。養護施設に収容された彼女は心を閉ざしていたが、同年代の少女にだけは心を許していた。15年後、自分を監禁した相手を発見し、猟銃を手に犯人宅を訪れる。


本当に残酷で悲惨で救いのない殉教者の物語ですが不思議な哲学性も兼ね備えています。ストーリーの主軸がころころ変わるので先が読めないことから来る恐怖、何が起こるか分からないのは怖いですね…そして拷問によるグロ描写、怖くてトラウマになる可能性が高いので注意して下さい!



出典:©︎マーターズ

レック


2007年 REC【77分】

レポーターのアンヘラ(マニュエラ・ヴェラスコ)は、あるアパートに出動する消防団に同行取材を行う。現場にいたのは血まみれの老婆。老婆は警官にかみ付き、建物は外から封鎖されてしまう。救出に来た衛生士の口から、この建物で発生したと思われる人や動物を凶暴にする病原菌の存在を知らされ……。


スペインで爆発的にヒットしたPOVビックリ系ホラー映画。ゾンビ・密室・POVの3つが揃ったら必然的に怖くなりますよね。特にこの映画のゾンビは相当動けるゾンビです!そして、ラストシーンに出てくるあれが夢に出るほど不気味で良かった。


1408号室


2007年 1408【104分】

作家で、アメリカ各地の超常現象などをルポしていたマイク(ジョン・キューザック)のもとに、一通の手紙が届いた。その内容はドルフィンホテルの1408号室には絶対に入ってはならないというもの。好奇心をかき立てられたマイクはホテルに出向き、入るのをやめさせようとする支配人のオリン(サミュエル・L・ジャクソン)を説得し、何とか1408号室に入るが……。


心霊スポットライターがNYのドルフィン・ホテルの呪いの部屋1408号室で一夜を過ごす話。目の前で起きていることが現実なのか幻覚なのかわからなくなるホラーです。作品の9割がジョンキューザックのひとり芝居、彼のパニックになっていく演技が恐怖心を掻き立てますが、ジョンキューザック嫌いだと苦痛かも。



出典:©︎1408号室

ペット 檻の中の乙女


2017年 PET【94分】

動物保護センター勤務のセス(ドミニク・モナハン)は、同級生のホリーを見掛け声をかけるが冷たくあしらわれ、SNSで彼女のことを調べ上げて執拗(しつよう)に追い回す。その後セスは帰宅した彼女をさらい、自分が働く動物保護センター地下のおりに監禁する。下着1枚でとらわれたホリーの姿を見て、飼い主気分に浸るセスだったが……。


わかり易く『惚れたら負け』を映像化したらこうなりました…乙女の狂ってる加減がストーカーの怖さなんかよりも何倍も怖い作品。駆け引きをする彼女の得体が知れなくて、なかなか面白かったです。想像を遥かに越えたストーリー展開で楽しめると思いますよ!



出典:©︎ペット

ババドック


2014年 The Babadook【93分】

夫を事故で亡くしたシングルマザーのアメリアは、学校で問題ばかり起こす息子サミュエルの扱いに悩まされていた。ある晩、サミュエルがアメリアの知らない絵本を持ってきて呼んでほしいとせがむ。それは「ミスター・ババドック」というタイトルの不気味な絵本で、物語は途中で終わっていた。サミュエルが異様に怖がったことから絵本を破り捨てるアメリアだったが、捨てたはずの絵本がいつの間にか戻ってきてしまう。それ以来、彼女の周囲で不可解な出来事が次々と起きるようになり……。


やんちゃな息子の世話に手を焼くシングルマザーが、不気味な絵本と巡り会ったのをきっかけに、次々と怪現象に見舞われ、精神的に追い詰められていく話。絵本に出てくるババドックという怪人も怖いのですが、ヒロインと社会適応性ゼロの息子の不安定さに別の意味での恐怖を感じます。



出典:©︎ババドック

インシディアス


2010年 INSIDIOUS【103分】

ジョシュ(パトリック・ウィルソン)と妻のルネ(ローズ・バーン)は、3人の子どもと一緒に新しい家に移り住む。彼らは、多少老朽化してはいるものの、広い家で子育てと仕事に専念するはずだった。だが、引っ越し直後から屋根裏で奇妙な物音が聞こえたり、勝手に物が移動したりする現象が起こり始め、一家は不安に陥る。


引っ越した家で怪奇現象が起きるタイプの映画。おどろおどろしい雰囲気や効果音が恐怖を引き立てます。悪魔や怨霊のデザインに多少作り物感がありますが怖い!しばらくのあいだ天井見るのが嫌になります。それにしてもホラー映画にでてくる夫はなんでいつも理解してくれないのかなー!?



出典:©︎インシディアス


おすすめのホラー映画【邦画編】


ここからはおすすめの邦画をご紹介していきたいと思います。

トリハダ


2012年【87分】

家電メーカーのコールセンターに勤務しているひかり(谷村美月)。製品とは無関係のクレームにも丁重に謝り続けるまじめなOLだが、プライベートでは上司との不倫におぼれていた。ある日、中年女性のクレーム対応に疲労困憊(こんぱい)し、ようやく家に帰ってきたひかりは、隣の住人の名前を見て、あるクレーマーと名前が一致することに気が付き……。


夜中に15分ぐらいでやっていた番組の劇場版。身近にいたら怖いなという人がたくさん出てきて、人間の狂気が一番怖いんだなって思えるまさにトリハダのホラーオムニバス作品。余計なサウンドや映像の演出が無いことでより怖さを引き出しています。



出典:©︎トリハダ -劇場版2-

オカルト


2008年【110分】

旅行に来ていた女性(東美伽)は偶然観光地で通り魔殺人事件に遭遇し、そのすべてを撮影する。女性二人が死亡、男性一人が重傷を負い、犯人は海へと投身自殺するという衝撃的な事件の映像を入手した白石晃士監督(白石晃士)は、何かに突き動かされるように取材を始める。やがて彼は事件の唯一の生存者である江野(宇野祥平)と出会い……。


まさにオカルトといった感じの映画。ドキュメンタリー形式で妙にリアル、BGMもとにかく不気味、鑑賞中は楽しくても後になって不気味な余韻が続く感じが堪りません。特にクライマックスのあの展開は全く予想外!



出典:©︎オカルト

仄暗い水の底から


2001年 The Babadook【101分】

5歳の娘・郁子の親権をめぐって別れた夫と争っている松原淑美は、新しい就職先である出版社にほど近いマンションへ引っ越してきた。はじめは快適そうに見えたマンション暮らしだが、大きくなる天井のシミや、上階の子供の足音など、淑美の気にさわることが次第に増えていく。そんな中、淑美は真夜中にマンションの屋上に上がる郁子を目撃する。屋上の高架水槽付近で誰かと会話しているような郁子。だが、そこには子供用の赤い手提げバックしかない。淑美はバックを管理人に届けるが、いつの間にかそれは元の場所に戻っていた……。


水による効果を最大限に使った恐怖とほんの少しの悲しさ…これぞ日本のホラーという感じです。水場は霊が集まりやすいとか、そういう日本人の潜在意識をかなり刺激してきますよ!たぶん小学生のときにみると風呂入れなくなります。



出典:©︎仄暗い水の底から

アイアムアヒーロー


2015年【126分】

漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。


日本でここまでクオリティの高いゾンビ映画は中々ないかもしれません、そしてゾンビもちゃんと怖かったです!終盤のZQNたちの襲撃のシーンだけでも観る価値ありの超おすすめ映画です。大泉さんハマりすぎ!



出典:©︎アイアムアヒーロー

残穢 -住んではいけない部屋-


2016年【107分】

ミステリー小説家である私(竹内結子)に、読者の女子大生・久保さん(橋本愛)から自分が住んでいる部屋で変な音がするという手紙が届く。早速二人で調べてみると、そのマンションに以前住んでいた人々が自殺や心中、殺人などの事件を起こしていたことが判明。久保さんの部屋で生じる音の正体、そして一連の事件の謎について調査していくうちに、予想だにしなかった事実がわかり……。


実話系怪談、霊の発生源を歴史の経過と共に追求していく新しいホラーという感じです。心霊特集の再現映像をそのまま映画にした感じなのですが、こういった心霊話はじわじわと怖さがきますね。自分の住んでる土地を調べたくなるけど…やめておきます。



出典:©︎残穢 -住んではいけない部屋-

輪廻


2005年【95分】

35年前の無差別殺人事件を基に映画が作られることになる。渚(優香)は主役の座を手に入れたものの、無気味な幻覚にうなされ始める。一方、女子大生の弥生(香里奈)は昔から奇妙な夢を見続けており……。


とあるホテルで起きた大量殺人事件をモデルにした映画を撮る話、前世と転生をテーマにしたホラー作品。ジワジワくる恐怖、理不尽な運命、よく練られたストーリー、ホラー映画で大事な要素が全部揃っている名作ですね。主演の優香さんが魅せる名演技も見どころ!



出典:©︎輪廻

呪怨


2002年【92分】

ある日、介護ボランティアをする女子大生の仁科理佳は、寝たきりの老婆・徳永幸枝の様子を見るためその家を訪れた。理佳は何か不気味な雰囲気を感じつつも家の中へと入っていく。悪臭が漂い物が散乱する中を進み、一階の薄暗い部屋で幸枝を発見する理佳だったが…。数日前、幸枝の息子・勝也が帰宅すると妻が倒れていた。この家に引っ越して以来、一家は不吉なことに見舞われ続けていた。やがて勝也の妹・仁美が不審に思いこの家にやって来るが、どこか様子のおかしい勝也に門前払いされてしまう。これを機に、仁美にも不吉なことが憑きまとうようになり…。


日本ホラー映画の代表格の1つ。家に迷い込んだ人をひたすら襲って色んな形で殺されていく映画なのですが、俊雄と伽椰子の2人が本当に怖い。布団という唯一のセーフティーゾーンを奪い去ったホラー映画です。同監督の最新作『こどもつかい』も先日公開されましたが恐そうですよね。とにかく1番言いたいのは、『早く逃げてよ!』



出典:©︎呪怨

女優霊


1995年【76分】

監督デビュー作の撮影中、ラッシュフィルムに一本の未現像フィルムが混じっていた。その中に謎の女が映っていたが、どうやらそのフィルムは昔、製作中止になった作品のものらしい。しかし、そのフィルムを見てしまった時から次々と撮影現場に奇怪な出来事が起こり始め、ついには死人まで出てしまう。果たして、謎の女は誰なのか? 過去の女優のたたりなのか?映画の完成間近、次は何が…?


ジャパニーズホラーの火付け役作品、力技の怖がらせ方ではなく空気や雰囲気からの恐怖感、『記録や記憶』というものに対する不気味さを味わえます。柳ユーレイさんのオカマみたいな叫び声がいいな。



出典:©︎女優霊

黒い家


1999年 The Visit【118分】

保険会社に勤める若槻慎二は保険金の説明に訪れた女性の家でその女性の息子の首吊り死体に遭遇する。警察は自殺と判断し、それに基づいて保険金も支払われることになった。しかし、両親の態度に不審なものを感じた若槻は自殺に疑問を感じひとり調査を開始する。そして、夫婦の保険金をめぐる異常な行動が次第に明らかになっていく……。


西村雅彦、大竹しのぶが終始狂っているサスペンスホラー映画、ホラーの怖さよりも、サイコパスな怖さがキツイ作品です。大竹しのぶ以上に合う女優が見当たらないくらいマッチしていて、彼女の凄さが伺えます。あと台詞がうまく聞き取れず音量を上げるととにかく音に驚かされるので注意!



出典:©︎黒い家

バイロケーション


2014年【119分】

結婚後も画家を夢見て、キャンバスに向かう日々を送る高村忍(水川あさみ)。ある日、スーパーでニセ札使用の容疑を掛けられたことから、見た目はうり二つだが全然違う別人格の“バイロケーション”(通称バイロケ)と呼ばれるもう一人の自分が存在することを知る。さらに、バイロケはオリジナルよりも攻撃的で……。


全く同じ自分が自分の身近で自分と同じ生活をおくっている、お互いが存在に気付いたら…ドッペルゲンガー的なお話。この映画は、どの登場人物に感情移入しても辛く悲しい結末がまっています。実際現れそうで、観ている途中よりも思い出してはずっと恐い作品。



出典:©︎バイロケーション

絶対恐怖 Booth ブース


2005年【73分】

“絶対恐怖”をテーマにしたシリーズの第2弾。深夜ラジオ番組の人気パーソナリティ勝又真吾(佐藤隆太)は、生放送中に「うそつき……」という薄気味の悪い女の声を聞く。


人気ラジオパーソナリティが、いわく付きの古いスタジオで生放送に臨んだところ、次から次へと怪現象とトラブルが起こるホラー。ラジオ生放送中のリスナーからの電話が混線して、謎の女性の声が…罪悪感に取り憑かれていく過程がホントに怖い作品。佐藤隆太さんが珍しく嫌な感じの役を演じています。



出典:©︎絶対恐怖

リング


1998年 【95分】

見ると死んでしまうという謎のビデオテープを巡って繰り広げられるホラー・サスペンス。テレビレポーターの浅川玲子は、見たら一週間後に死ぬというビデオテープの噂を耳にする。にわかには信じられない玲子だったが、姪の死をきっかけにビデオについて調べ始める。やがて、偶然手に入れた問題のビデオを確認のため見た玲子は、その内容に、噂が本当であることを確信する。が、それは7日後の自分の死を意味した……。


全体的に漂う湿っぽく陰惨な雰囲気をもつ『リング』今の映画では中々感じられない怖さがありますよね。何度も話題になっているのにビクッとなってしまう演出・音響・カメラワークはまさに一級品!



出典:©︎リング

学校の怪談


1995年【100分】

夏休みを翌日に控えた小学校の終業式の日、旧校舎に閉じ込められてしまった先生と子供たちは超常現象を目撃する。ブームとなった“学校の怪談”を映像化。子供たちの友情に重点を置いた良質のファンタジー。


夏といえばこの映画ですよね、トラウマになっている方も多いはず!夏休み感が強くて、ちょっと切なくなります。映像の質感は懐かしいのですが古さは感じさせません。『あー!なんで入っちゃうんだよぉ!』


出典:©︎学校の怪談

あとがき

いかがでしたか?めちゃくちゃ怖い!おすすめホラー映画を厳選してご紹介してきました。どの作品もしっかりゾクゾクを楽しめる最恐映画ばかりですので気になる作品が見つかれば是非一度鑑賞してみて下さいね。

おすすめの恋愛漫画。良質なラブストーリーを楽しめる15作!

良質な恋愛漫画を読むと幸せな気分になって心が潤いますよね。今回は数多くある恋愛漫画の中から特におすすめのラブストーリーを厳選してご紹介していきたいと思います。


関連記事
おすすめの『胸キュン』漫画 厳選30作品!【2017年後半版】 - いろはにほへど


おすすめの恋愛漫画

お気に入りの恋愛漫画を見つけて思い切り胸キュンを満喫して下さいね。作品は随時更新予定です。それでは思う存分お楽しみ下さい。

まいりました、先輩/馬瀬 あずさ


出典:©︎まいりました、先輩

ある日、世里奈の机に書いてあったラブソングの歌詞のラクガキ。それを書いたのは1コ上の水川先輩。なんとか先輩に近づきたい世里奈だけど、めちゃめちゃ冷たいし、明らかに脈ゼロ…。でも先輩の不器用だけど優しいところをしって、思わず先輩に告白しちゃって…!? 毎日がドキドキ!! 先輩彼氏との憧れスクールラブ!(KC デザートより引用)


すごくベタだけど羨ましいほど幸せそうで心が潤います。凄くリアルな理想の高校生カップルと言う感じで、付き合うまでも可愛いけれど、付き合ってからはもっと可愛い。ストレートなきゅんきゅんが詰まってます! 等身大の恋愛、そう、恋愛って付き合ってからが大変なんだよねってわかる良作。超おすすめです!



水神の生贄/藤間 麗


出典:©︎水神の生贄

平和な日常から一転、突然異世界へと引き込まれてしまった有紗陽。ムラの豪族の息子、翠葉流に助けられるが翠葉流の母によって水神への生贄として湖へと沈められてしまう…。無慈悲な水神の妻となることを約束させられた有紗陽は!?「こんな幼子とは愚かな」「いいだろう妻にしてやる」少女の数奇な運命がいま動き出す――。(Cheeseフラワーコミックスより引用)


ファンタジーものが好きな方は確実に楽しめる恋愛漫画。神様と人間の成長する愛に涙が止まらないこの漫画、文字が少ないのですが絵だけですごく感情が伝わってきて、胸にグッときます。水神様が少しずつ感情を持っていく様子にはキュンキュン。すごく不思議な世界観に引き込まれること間違いなしです。



僕の家においで/優木 なち


出典:©︎僕の家においで

チョー貧乏ネガティブ純情少女×美男子×同居=ドキドキMAX!! ちょー貧乏ネガティブ純情少女の美玲は、人並の高校生活を送るため、アルバイトに励む日々。そんな中、美玲は不注意から、国宝級美男子・真野さんにケガをさせてしまい…!? 女の子のアコガレがいっぱい詰まった、とびっきりのドキドキストーリー!(りぼんマスコットコミックスより引用)


超貧乏で卑屈にならざるを得なかった主人公という設定が面白い。始めは、あまりのネガティブ具合に胸焼け気味になるかもしれませんが、読んでいくうちに心地よくなって来ます。そして甘々な真野さんの、大好きな美玲ちゃんへの愛がだだもれで、イチャイチャしながらもグッと一線は堪えてるおあずけ具合が◎



素敵な彼氏/河原 和音


出典:©︎素敵な彼氏

小桜ののかは小さい頃みた年末のカウントダウンでのカップルの姿に憧れている。高校生になれば、自然と彼氏ができると思っていたが、できないまま12月を迎える。あせって彼氏作りのため出かけた合コンで桐山直也と出会う。冷静で何を考えてるかわからないけど、さりげない気遣いができる直也。直也は、彼氏作りにがんばるけれど少しずれているののかのことを面白がって、カウントダウンまで見守ることに。ののかに「素敵な彼氏」ができる日はやってくるの──!?(マーガレットコミックスより引用)


純粋で一生懸命で面白い小桜さんと冷めてるけど優しい桐谷くんとの関係が素敵すぎる作品。河原和音さんの漫画の主人公はいつも素直でとても可愛いし、ストーリーもすごく面白い!きゅんきゅん、にやにや、大事な気持ちを思い出させてくれますよ!読み終わったあとのもどかしさとトキメキが半端ありません。かなりおすすめのラブストーリーです。



ハツ*ハル/藤沢 志月


出典:©︎ハツ*ハル

これが恋。きっと恋。たぶん初恋。誰かが言ってた。恋はするもんじゃなくて、堕ちるもんだって。そんなこと、俺には一生関係ないと思っていた。・・・・・・のにっ!学校イチのモテ&チャラ男・一ノ瀬海にある日訪れた、初恋という名の天変地異!その相手とは・・・!?(フラワーコミックスより引用)


チャラ男だった主人公が幼なじみ・リコへの本気の恋愛に目覚める過程が上手く描かれています。男の子が主人公というのはめずらしいのですが、これぞまさに恋愛漫画という感じです。キュンキュンはもちろんモヤモヤしたり何でこのタイミング⁉︎とか色々な感情が沢山つまった作品。周りの友達やリコの友達も巻き込んでの青春学園ラブトーリー。



きみはかわいい女の子/いちのへ 留美


出典:©︎きみはかわいい女の子

恋なんて、自分には必要ないものだって、思ってた――。ちっちゃくてうすっぺらな体型がコンプレックスの、小枝つぐみ(高1)。ある日、隣のクラスの瀬名マサムネに、偶然自分の身体を見られてしまい……!? でも、自然体でまっすぐなマサムネと一緒にいると、ずっとずっと隠してた、ホントは「女の子」でいたいっていう気持ちが、どんどん膨らんできて……。すべての恋愛不器用女子に贈る、純情☆スローステップ・ラブ!(講談社コミックス別冊フレンドより引用)


体がガリガリで自分に自信が持てない女の子という設定はあまり無くて新鮮。小枝ちゃん、名前のとおり小さなかわいい女の子と、優しいピュアな男子のラブストーリー。コンプレックス抱いてる女の子が変わって行く姿がとってもいいし、可愛いくてキュン。安心して読めるラブストーリーです。



王子が私をあきらめない!/アサダニッキ


出典:©︎王子が私をあきらめない!

IQ500、王家の血筋、石油王etc.数々の称号を持つ学園の王子・一文字初雪。一方、特に取り柄なし、THE庶民・吉田小梅。まるで接点のない2人だが、突然、王子が庶民に恋をしたから事態は急変! 庶民の常識は一切通用しない、王子の猛攻に小梅はタジタジ。「僕と交際してくれ」「む、無理です!」王子の異常で過剰な愛情の行方は…? 溺愛系ハイパー格差ラブコメ!(KCデラックス ARIAより引用)


期待通り王子はまったく諦める気配がないのですがそれがいい!可愛くて笑ってしまいます。恋愛要素メインなはずなのですが、なにぶんツッコミが激しいというか、ヒロインの声枯れる勢いのハイテンション!コメディ要素が強めな気もします。もちろんきゅんポイントもちゃんとありますよ。



春待つ僕ら/あなしん


出典:©︎春待つ僕ら

本当の友達が欲しかっただけなのに……高校こそ脱ぼっちを目指して意気込んでいた美月(みつき)。だけど、突然出会ったバスケ部イケメン四天王にかまわれ振り回され、新生活は思わぬ方向に……!? イケメン4人とのハチャメチャ青春DAYS始まる!!? あなしんが描く、イケメンたちとのキラめく青春ラブストーリー!(KC デザートより引用)


ひょんな事から出会う一人の女の子と四人の男の子、ふざけあってる姿がとてもキラキラしていて青春を感じます。そして出てくる男の子はイケメン揃い、キュンキュンするのはもちろん、ちょっとしたコマでもツボにハマる会話なんかがあって笑えます。学園物好きでキュン死にしたい方には物凄くおすすめです。


理想的ボーイフレンド/綾瀬 羽美


出典:©︎理想的ボーイフレンド

マイペース・ラブストーリー、始まります。 強引男子が好みの結沙は、バスケ部の先輩がタイプ。でも、友だちの奈々未と先輩が急接近! 奈々未の恋を応援するため「好きな人ができたの!」とウソをついた結沙。たまたま近くにいたクラスメイトの春田くんがその作戦を察して、彼氏のフリをしてくれました。淡々としているけど、ときどき、とっても優しい。そんな春田くんに、結沙の気持ちは…?(マーガレットコミックスより引用)


ストーリーはゆっくりしているのに、全然飽きず、ほっこりとするお話。主人公の2人ともド天然の、最高に可愛いカップルでさらに和みます。特に、楓くんが初めての恋に戸惑いながら受け入れていく過程がとっても可愛くてキュンときます。変に波風のない平和な物語がずっと続いてほしい作品。



うそカノ/林 みかせ


出典:©︎うそカノ

片思いの入谷くんが「彼女のふりをしてくれる人=うそカノ」を探していると知り、すばるは思わず立候補!! いつかほんとの彼女になりたい…」一緒の下校、初デート、毎日ドキドキばかりだけれど、入谷くんがうそカノ探していた理由を知って…? 「大好き」はほんと、「彼女」はうそ。すばるの恋のゆくえは……!?(花とゆめCOMICSより引用)


主人公の健気さと、入谷くんのツンデレ具合がなかなか良い作品。両思いなのに片思いみたいな感覚から抜け出せないすばるちゃんが可愛いし、結構早い段階ですばるちゃんを好きになってる入谷くんのちょろさが可愛い!なかなか進展しないので、じれったさはありますがピュアな恋愛で癒やされたいならお勧めです。



恋と呼ぶには気持ち悪い/もずく


出典:©︎恋と呼ぶには気持ち悪い

恋に落ちたら、愛が止まらない。ひょんなことから妹の親友の女子高生・有馬一花と出会った 女癖の悪い高スペック社会人・天草亮は、彼女に狂信的な恋をする。一方、彼の直球すぎるアプローチをひたすら気持ち悪がる一花は 亮を容赦なく罵倒するが、いつも愛情表現の裏返しとして受け取られてしまう……。 (一迅社より引用)


コレは気持ち悪い!でも、こんなに変態的に想われるのは素敵でもあり、亮さんの一途なアタックがだんだん愛おしく見えてきます。そして、一花ちゃんの切り捨てる拒絶も潔い!出てくる人達がみんなそれぞれ愛おしく感じるし、笑える場面もあるし終始ニヤニヤしながら読めますよ。



由良くんの10%には秘密がある/吉田夢美


出典:©︎由良くんの10%には秘密がある

いつも気だるげなクラスメイト由良くんのことが気になる杏子。もしかして吸血鬼なのでは? と妄想していたら…なんと本当に(10%だけ)吸血鬼だった! 杏子の血液が珍しい型だと知った由良くんはなぜか好意を抱き告白してきて…!? 由良くんの気持ちって、本当に恋? ちょっと吸血鬼な彼に迫られまくる毎日が始まる──!(マーガレットコミックスより引用)


ラブコメちっくなライトファンタジー、吸血鬼もののほんわかバージョンといった感じの作品。10%だけ吸血鬼というちょっと面白い設定です。1巻の最後でまさかの…こうくるとは夢にも思わずこれは新しいと思わず唸ってしまいした。絵が可愛くてサラッと読める恋愛漫画が好きな人は楽しめると思いますよ。



コーヒー&バニラ/朱神宝


出典:©︎コーヒー&バニラ

大学デビューをしたものの、いつの間にか高嶺の花になっていたリサ、そんなリサのピンチを救ってくれたイケメンスーツ男子・深見さん!レンアイ超初心者なリサに彼がくれるのは・・・!?人気急上昇中のシンデレララブストーリー!(Cheeseフラワーコミックスより引用)


男性キャラがあまりにも完璧過ぎてなにか裏があるのかな?と思いきやそんなことも全然なく…こんなひと現実にいないわとツッコミたくなるような本当に甘々な漫画です。お互い凄く想いあってるのがわかりやすく描かれているので、ただただキュンキュンしたい時に読みたくなる作品です。



午前0時、キスしに来てよ/みきもと 凛


出典:©︎午前0時、キスしに来てよ

『近キョリ恋愛』『きょうのキラ君』のみきもと凜最新ラブ。誰もが認める優等生・日奈々のヒミツの願い──それは“おとぎ話のような恋”をすること。ある日、日奈々の高校に超絶イケメン俳優・綾瀬楓が映画撮影で来たことが、日奈々の平凡な毎日を変えていく──。今はじまる、リアル・シンデレラStory。(講談社コミックス別冊フレンドより引用)


芸能人と突然接点を持ち、仲良くなるという王道のシンデレラストーリー。誰もが1度は想像したであろう羨ましいシチュエーションでの展開で、胸キュンしまくりです!こんなアイドルが居たら…と思ったらニヤニヤしてしまいました。そしてなんといってもみきもと凛先生の作品は絵が良いですよね!



最×愛/みつきかこ


出典:©︎最×愛

おっとり、マイペースなつぐみはまだ恋をしたこともない、のんびり屋の高校生。そんなある日、学校の大温室で白衣を着た青年と出会う。そして、彼の優しい瞳と、つよい森の香りに惹きつけられる。初めての恋に胸をときめかせるつぐみ。でも、彼と再会した時にわかったのは彼がつぐみの「教師」だという事実でーーー!?みつきかこが贈る、禁断、だからこそ甘い極上の恋をどうぞ。(Betsucomiフラワーコミックスより引用)

大人の先生と可愛らしいヒロインの恋のお話。先生のちょっとした動作から、色気や年上の余裕が垣間見えてドキドキ。 教師と生徒の禁断の関係といっても、2人を阻む障害はそれほど多くない感じでドキドキとハラハラもしましたが、胸キュン炸裂の作品です。



たいようのいえ/たあも


出典:©︎たいようのいえ

「今、この家に帰ってこなきゃいけないのが、すごくすごくうれしい--」……子供の頃、むかいの基(ひろ)の家に入りびたっていた真魚(まお)。その家に行くと必ず元気になれたから。数年後……父の再婚で家に居場所がなくなった真魚は、両親を亡くして以来、独りで家を守る基の家に住まわせてもらうことになったけれど……!?年の差幼なじみ2人の、明るく切ないラブストーリー!(KC デザートより引用)


家出少女と家族と離ればなれになった青年とのお話。家族愛は泣けますし、恋愛はじりじりと進む感じにもどかしくなりながらも、とてもキュンキュンします。恋愛要素も家族のこともすべて丁寧に気持ちを込めて描かれていて、タイトルの通り温かい気持ちになれる作品です。



あとがき

いかがでしたか?おすすめの恋愛漫画漫画をご紹介してきました。どの作品も素敵なラブストーリーばかりです、たくさんキュンキュンし心を潤わせてくださいね。気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さい!


関連記事
間違いなく『胸キュン』できるおすすめ少女マンガ厳選30作! - いろはにほへど


壮大な世界観!SF・ファンタジー小説 超おすすめ15作品!

今回は、SF・ファンタジー小説の中でも特に面白いと感じた作品をご紹介していきたいと思います。ライトに読めるものからディープなものまで、色々な楽しみ方ができる素敵なSF・ファンタジー小説を厳選してご紹介していきますので是非参考にしてみて下さいね。

おすすめのSF・ファンタジー小説

  • 表記はタイトル、あらすじ、感想の順になっています。
  • 作品は随時追加していきます。


どれもおすすめの良質なSF・ファンタジー作品ばかりですので、是非お気に入りの作品を見つけて下さいね。それでは思う存分お楽しみ下さい!

あなたの人生の物語


出典:©︎あなたの人生の物語

地球を訪れたエイリアンとのコンタクトを担当した言語学者ルイーズは、まったく異なる言語を理解するにつれ、驚くべき運命にまきこまれていく…ネビュラ賞を受賞した感動の表題作はじめ、天使の降臨とともにもたらされる災厄と奇跡を描くヒューゴー賞受賞作「地獄とは神の不在なり」、天まで届く塔を建設する驚天動地の物語―(ハヤカワ文庫SFより引用)


SF短編8作品、難解なものもあれば、基本的な数学が分かれば読みやすい作品も収録されています。どの話にも世界の常識や秩序が突然大きく変化し、その変化に向き合う人々が描かれていて、ぶっ飛んだ着想から紡がれたストーリーが変に面白い!短編で語るにはもったいないほどの世界観です。文章も易しいし、基本的に作品に流れる雰囲気も優しいのでおすすめです。


リライト


出典:©︎リライト

過去は変わらないはずだった―1992年夏、未来から来たという保彦と出会った中学2年の美雪は、旧校舎崩壊事故から彼を救うため10年後へ跳んだ。2002年夏、作家となった美雪はその経験を元に小説を上梓する。彼と過ごした夏、時を超える薬、突然の別れ…しかしタイムリープ当日になっても10年前の自分は現れない。不審に思い調べるなかで、美雪は記憶と現実の違いに気づき…。(ハヤカワ文庫JAより引用)


静岡を舞台にしたタイムリープSF+ミステリー。未来からきたという少年を救うためにヒロインは、10年前から来る自分を待っていたのだが…来るはずの未来が来ない、気付いたら過去が改変されてる。なにが起きているのか分からない恐怖感。正直、話が複雑で理解出来てないこともある気がしますが勢いで面白い。『SF史上最悪のパラドックス』というだけあってブラックなラストもよかったです。


新世界より


出典:©︎新世界より

1000年後の日本。豊かな自然に抱かれた集落、神栖66町には純粋無垢な子どもたちの歓声が響く。周囲を注連縄で囲まれたこの町には、外から穢れが侵入することはない。「神の力」を得るに至った人類が手にした平和。念動力の技を磨く子どもたちは野心と希望に燃えていた…隠された先史文明の一端を知るまでは。(講談社文庫より引用)


和風ハリーポッターともいえる学園モノ呪術ファンタジー作品。1000年後の日本、現在の世界は既に崩壊した世界でのお話。不気味で、とても不穏な世界が描かれていて、簡単に言うと『呪力』VS『バケモノ』の物語。次々起こる恐怖を含んだ展開に、ハラハラドキドキが止まりません。使われている言葉がおどろおどろしいというか、徐々に恐怖感を煽ります。貴志祐介さんの紡ぎ出す新世界は、実際に見ているようにリアルで引き込まれますよ!


精霊の守り人


出典:©︎精霊の守り人

老練な女用心棒バルサは、新ヨゴ皇国の二ノ妃から皇子チャグムを託される。精霊の卵を宿した息子を疎み、父帝が差し向けてくる刺客や、異界の魔物から幼いチャグムを守るため、バルサは身体を張って戦い続ける。(新潮文庫より引用)


『短槍使いのバルサ』の異名をとり、用心棒として闘いの場に身を置く主人公が、父親である帝に命を狙われる皇子チャグムの命を救ったことで、その運命が大きく動いていく…。約20年前のものとは思えないファンタジー小説、世界中で翻訳され読まれている名作です。異世界ファンタジーでありながら、世界をイメージしやすくて、伏線も明快でわかりやすい!けれど戦闘シーンや生活シーンがリアルでバルサたちの住む世界にどっぷり浸かることができますよ。


光の帝国


出典:©︎光の帝国

膨大な書物を暗記するちから、遠くの出来事を知るちから、近い将来を見通すちから―「常野」から来たといわれる彼らには、みなそれぞれ不思議な能力があった。穏やかで知的で、権力への思向を持たず、ふつうの人々の中に埋もれてひっそりと暮らす人々。彼らは何のために存在し、どこへ帰っていこうとしているのか?不思議な優しさと淡い哀しみに満ちた、常野一族をめぐる連作短編集。優しさに満ちた壮大なファンタジーの序章。(集英社文庫より引用)


全国に散らばりながら生活している、不思議な力を持つ一族常野の者達それぞれを主人公にした10篇の連作短編集。彼らは目立たずひっそりと人々の生活に紛れて古から存在しており、その力は多彩。哀しみの中に、優しさ、温もりを感じたり、ぞっとしたり、思わず涙したり…一話一話が壮大な世界観です。


空色勾玉


出典:©︎空色勾玉

輝の大御神の双子の御子と、闇の氏族とが烈しく争う戦乱の世に、闇の巫女姫と生まれながら、光を愛する少女狭也。輝の宮の神殿に縛められ、地底の女神の夢を見ていた、〈剣の主〉稚羽矢との出会いが、狭也を不思議な運命へと導く…。神々が地上を歩いていた古代の日本を舞台に、絢爛豪華に織り上げられた、人気沸騰のファンタジー。(徳間文庫より引用)


日本神話を素材にした壮大で人気の高いファンタジー、不老不死の輝の一族、転生で蘇る闇の一族、神々の戦いの物語です。大地を草木が覆い、まだ人々が国つ神に畏れをもって暮らしていた時代が舞台で、清らかな水の流れや土の匂いが伝わってくる上質な作品です。自然と人と神々の距離がごく近い世界を楽しめます。


妖怪アパートの優雅な日常


出典:©︎妖怪アパートの優雅な日常

夕士が高校入学と同時に始めた、あこがれの下宿生活。幼い頃に両親を事故で亡くしたため、早く独り立ちをするのが彼の夢。ところがそこには、ちょっと変わった、しかし人情味あふれる“住人たち”が暮らしていた…。(講談社文庫より引用)


就寝前にちょっぴり活字を読みたいときにうってつけの一冊。主人公の男子高校生が一人で入居したのは、妖怪や幽霊が暮らすアパート。個性的な住人も強烈なインパクトのある妖怪もはじめはおっかなびっくりだけど馴染んでしまえばとても魅力的で居心地がよさそう。すごく温かくて、人間関係や、自分をみつめる感動の作品ですよ!きっと大人が忘れていた何かを思い出させてくれるはず。


家守綺譚


出典:©︎家守綺譚

これは、つい百年前の物語。庭・池・電燈つき二階屋と、文明の進歩とやらに棹さしかねてる「私」と、狐狸竹の花仔竜小鬼桜鬼人魚等等、四季折々の天地自然の「気」たちとの、のびやかな交歓の記録。(新潮文庫より引用)


豊かな風土と季節、その時代を堪能できる連作短編集。四季折々の植物、河童や小鬼…亡き友人の家守を任された主人公の体験する不思議なお話で、ほのぼの、ゆるゆる、日本情緒も味わえるファンタジー。淡々とした美しい文章から色が見え音が聴こえてきます。お伽話のような心にすっと入ってくる一冊です。


夜は短し歩けよ乙女


出典:©︎夜は短し歩けよ乙女

「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!」と言うばかり。そんな2人を待ち受けるのは、個性溢れる曲者たちと珍事件の数々だった。山本周五郎賞を受賞し、本屋大賞2位にも選ばれた、キュートでポップな恋愛ファンタジーの傑作。(角川文庫より引用)


天真爛漫な女の子と、それに恋した先輩のお話。宙に浮く自称天狗の青年、街中を走る巨大な三階建ての電車、身の丈程ある鯉のぬいぐるみを縄で背負う少女や、くしゃみをすると竜巻を起こす老人…。ギリギリ頭の中で画にできるとても不思議な世界、読むのがワクワクするファンタジーな一冊です。エンディングもかわいらしいですよ!

爽やかで甘酸っぱい恋愛小説


はてしない物語


出典:©︎はてしない物語

バスチアンはあかがね色の本を読んでいた――ファンタージエン国は正体不明の〈虚無〉におかされ滅亡寸前。その国を救うには、人間界から子どもを連れてくるほかない。その子はあかがね色の本を読んでいる10歳の少年――ぼくのことだ! 叫んだとたんバスチアンは本の中にすいこまれ、この国の滅亡と再生を体験する。(岩波書店より引用)


『ネバーエンディングストーリー』の原作本、これぞファンタジーという名作。自分が読んでいる本と同じ装丁の本を主人公が手にして読み進めていく展開にワクワク!主人公のいる『人間世界』と物語中の『ファンタージェンの世界』が絡み合っていき、自分までがその世界に入り込む感覚を味わえます。子どもの純粋な気持ちを持ち続けたい!と思える素敵な一冊。


クラバート


出典:©︎クラバート

ヴェンド人の少年3人組で村から村への浮浪生活をしていたクラバートは、ある時から奇妙な夢を見るようになる。「シュヴァルツコルムの水車場に来い。お前の損にはならぬだろう!」という声と止まり木に止まった11羽のカラスの夢。その声に従って水車場の見習となったクラバートは、昼は水車場の職人として働き、金曜の夜には12羽目のカラスとなって、親方から魔法を習うことになる。(偕成社より引用)


ポーランド周辺の民話を編み直した物語『千と千尋の神隠し』に影響を与えた本だそうです。水車場の職人見習となった少年クラバートが闇の魔法の組織に加わり、やがて親方と対決するまでが描かれています。個性の溢れる職人仲間、味わい豊かな自然描写など、魅力を挙げればきりがありません。全体的に薄暗い物語ですが、静けさの中に興奮が詰まっていて何度でも読み返したい一冊。


月の影 影の海


出典:©︎月の影 影の海

「お捜し申し上げました」―女子高生の陽子の許に、ケイキと名乗る男が現れ、跪く。そして海を潜り抜け、地図にない異界へと連れ去った。男とはぐれ一人彷徨う陽子は、出会う者に裏切られ、異形の獣には襲われる。なぜ異邦へ来たのか、戦わねばならないのか。怒濤のごとく押し寄せる苦難を前に、故国へ帰還を誓う少女の「生」への執着が迸る。(新潮文庫より引用)


ごく平凡な生活していた陽子だが、ある日学校に現れた青年に、連れ去られるような形で異世界に放り込まれてしまいます…。現代日本から異世界に迷い込んだ主人公視点、次から次へと妖魔に襲われたり、助けられたと思ったら裏切られたりとなかなか過酷な物語。次の展開がどうなるのか全然読めないので、ドキドキハラハラで楽しいですよ!


ネバー×エンド×ロール


出典:©︎ネバー×エンド×ロール

この街は壁に囲まれている。札幌を襲った天災から十六年、復興という名の再開発事業のせいで、街は厚く高い壁の中にすっぽり収まっていた。そんな街で育った十五歳の少年・駆は外の世界への憧れを抱いている。怖いもの知らずの彼は、街一番の秀才・勇夢と幼なじみの夏月を巻き込み、無謀な脱出作戦を計画するが…ある夏の日、放課後の屋上に“過去へ駆ける少女”が落っこちてきて―!?(メディアワークス文庫より引用)


過去へ進む少女と時間に抗う人達の青春タイムトラベルSF。閉鎖された札幌が舞台、未来から来たという少女を軸にして2029年、2053年、3367年の三つの世界が描かれています。読後にタイトルを見直すと『なるほど』と思うはず!ただ、最後のオチは好みが分かれそうで、ハッピーエンドと取るかどうかは読み手次第な気がします。


獣の奏者


出典:©︎獣の奏者

リョザ神王国。闘蛇村に暮らす少女エリンの幸せな日々は、闘蛇を死なせた罪に問われた母との別れを境に一転する。母の不思議な指笛によって死地を逃れ、蜂飼いのジョウンに救われて九死に一生を得たエリンは、母と同じ獣ノ医術師を目指すが―。苦難に立ち向かう少女の物語が、いまここに幕を開ける。(講談社文庫より引用)


先にご紹介した『精霊の守り人』の作者、上橋菜穂子さんが贈る人と獣のファンタジー。主人公は探究心があり、動物を愛する10歳くらいの女の子、エリン。闘蛇や蜜蜂、そして王獣などの生き物を通して、生命とは何かを探求する物語。ファンタジーの独特な世界観も上橋さんの作品だと、すっと入ってきて読みやすく、彼女を取り巻く優しさと厳しさの世界を一緒に体験できますよ!


火星の人


出典:©︎火星の人

有人火星探査が開始されて3度目のミッションは、猛烈な砂嵐によりわずか6日目にして中止を余儀なくされた。だが、不運はそれだけで終わらない。火星を離脱する寸前、折れたアンテナがクルーのマーク・ワトニーを直撃、彼は砂嵐のなかへと姿を消した。ところが―。奇跡的にマークは生きていた!?不毛の赤い惑星に一人残された彼は限られた物資、自らの知識を駆使して生き延びていく。宇宙開発新時代の傑作ハードSF。(ハヤカワ文庫SFより引用)


アクシデントで火星に一人取り残された宇宙飛行士の運命は…持ちうる限りの知力体力を駆使し、工夫とユーモアとありえないくらいのポジティブさで生き延びた植物学者でメカニカルエンジニアのマークワトニーと、彼を救出する方法を必死に模索するNASAの人々の18ヵ月が描かれています。絶望的な状況でも悲観せずにサバイバルするその姿が最高にかっこいい!読むとジャガイモを食べたくなくなるかもしれません。



あとがき

いかがでしたか?おすすめのSF・ファンタジー小説を厳選してご紹介してきました。どれもとても素敵な作品ばかりです!気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。

何でこんなに美味しそうなの?絶品グルメ漫画 おすすめ15選


【更新情報】2017.7.22作品追加。

ゆったりとながれる時間、美味しそうな料理、それを味わう主人公の幸せそうな顔、グルメ漫画は読むだけで幸せな気分になりますよね。今回は数多くある作品の中から特におすすめの絶品グルメ漫画を厳選してご紹介していきたいと思います。

おすすめの絶品グルメ漫画

お気に入りのグルメ漫画を見つけて思い切りお腹を空かせて下さいね。作品は随時更新予定です。それでは思う存分お楽しみ下さい!

リトル・フォレスト/五十嵐 大介


出典:©︎リトル・フォレスト

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。(ワイドKC アフタヌーンより引用)


素朴な画風と食を通して地域文化に思いを馳せる空気感が凄くいい!淡々と田舎暮らしと食事の描写が続きます。こういう暮らしを地に足をつけたっていうんだろうなと羨ましく感じながら読みました。グルメ漫画が好きな方なら、絶対に後悔しない作品です!



甘々と稲妻/雨隠 ギド


出典:©︎甘々と稲妻

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!!(アフタヌーンKCより引用)


子育てに大奮闘するシングルファザーになったお父さんのストーリー、ちょっぴり切ないけれど、みんなで食べるご飯はおいしいんだなと気づかせてくれる癒し系飯テロ漫画。家族や食に対して愛情を注ぎたくなりますよ。



イケメン共よ メシを喰え/東田 基


出典:©︎イケメン共よ メシを喰え

このごはん漫画ムラムラします。28歳、オタク、彼氏ナシ。残念女子がイケメンをおかずにメシを喰う!アナタの食欲とオトメ心を刺激する 新感覚・食コメディ!! イケメンをこよなく愛す池田 好美(28)は文芸誌の編集者。超少食で食べる事が苦手だが、グルメ誌の編集部に配属される事に! 苦悩する好美の前に、美形の新人社員・細見が現れる。 彼が食事をする姿に性欲とはじめての食欲を感じた好美は少食改善のため、"イケメンごはん"を追求する事を誓う…!!(Be comicsより引用)


イケメン考察と食レポどちらもしっかりしてるのが魅力の漫画。豪快に食べる姿が気持ちいい!イケメン好きな主人公なのに相手からのアピールには気付かずにスルーする感じも面白いです。ただの食レポ系だといまいち面白く感じないという方には超オススメです。



深夜食堂/安倍 夜郎


出典:©︎深夜食堂

歓楽街の端にある小さな店『深夜食堂』。営業時間が夜の12時から朝の7時頃までだから、みんなが勝手にそう呼んでいる。そこは、メニューはわずか、あとは食べたいものを勝手に注文すれば、作れるものならなんでも作ってくれる変わった店だった…。(ビッグコミックススペシャルより引用)


しみじみと味のある食と人のお話です。 ストーリーは一つの料理とお客さんを絡めた短めのエピソード。特別な料理が出てくるのではなく日常の飾らないものばかりですのでグルメグルメしている漫画を求めている方には思っているのとは違うかもしれません。私は、こんな素敵なお店があったら行ってみたい。



八雲さんは餌づけがしたい。/里見U


出典:©︎八雲さんは餌づけがしたい。

「おかわりください」って、言ってください。 アパートにひとり暮らしする未亡人・八雲柊子(やくもしゅうこ)の趣味。それは隣り部屋に住む高校球児を、密かに“餌づけ"する事だった――。旦那を亡くし、大好きだった料理をする気力も失われていた日々。そんな色あせた日常の中で、ひょんな事から隣りに住むひとり暮らしの男子高校生・大和翔平(やまとしょうへい)に毎晩ご飯を振る舞う約束をしてしまった。「ご飯が4合じゃ足りない!?」「もっとご飯のおかずになるものを…! 」 凄まじい食欲を誇る男子高校生の胃袋を相手に、戸惑いながらも充実した毎日が幕を開ける――☆ ナイショの幸せ特盛りでお届けする、“餌づけ"ハートフルストーリー!(ヤングガンガンコミックスより引用)


未亡人と高校生、餌付けする方とされる方、そんな二人の展開も気になりますが…とにかく美味しそうにご飯が描かれていて、読んでいるとお腹が空いてきます。モリモリ食べてもらいたい、そして美味しいと言ってもらいたいという未亡人・八雲さんの願望が軸になっている物語。緩やかなテンポで進むのでとても心地よく読めますよ。



パパと親父のウチご飯/豊田 悠


出典:©︎パパと親父のウチご飯

気丈夫な元カノから子供をあずけられた、整体師・千石。子供を引き取り妻と離婚した、漫画編集者・晴海。子育てに奮闘する2人は、郊外でのルームシェア生活を選択したが――。(BUNCH COMICSより引用)


ほっこりとした家族のお話。そんなに凝ったものではなくて普通に作れるような料理ばっかりなのに、親父が一生懸命作って子供達も美味しそうに食べるので読んでいて同じものを食べたくなります。レシピもきちんとのっています。そしてなんといっても、子ども達がとても可愛いくてかなり癒されますよ。



きのう何食べた?/よしなが ふみ


出典:©︎きのう何食べた?

鮭とごぼうの炊き込みごはん、いわしの梅煮、たけのことがんもとこんにゃくの煮物、栗ごはん、トマトとツナのぶっかけそうめん、鶏肉のオーブン焼き、ナスとトマトと豚肉のピリ辛中華風煮込み、いちごジャムetc.……(モーニング KCより引用)


とにかくご飯がおいしそう!そして『これをしてる間にあれをしておく』『この残りを使って…』など現実的なことが丁寧に書かれていて、ストーリーもしっかりしてるBLグルメ漫画ですが、BLが苦手な人でも抵抗なくあっさり読めます。季節に合わせたお手頃な献立が出てくるのでとても参考になりますよ。



味噌汁でカンパイ!/笹乃 さい


出典:©︎味噌汁でカンパイ!

短期集中連載時に大反響を受け、話題の味噌汁マンガがコミックス発売&本格連載化!!制服+エプロン、幼なじみ+おふくろの味。心に沁みわたる新しいグルメコミックです!(ゲッサン少年サンデーコミックスより引用)


毎朝、朝ごはんを作りに来てくれる幼なじみの女子中学生。美味しそうな味噌汁が沢山出てくる、絵が可愛くてほのぼのとした漫画です。味噌汁の初歩からどんどん極めていく感じがなんか良い!穏やかな2人のやりとりに、ピュアな気持ちになって、朝ごはんやお弁当に対するモチベーションがゆるっと上がります。



ごはんのおとも/たな


出典:©︎ごはんのおとも

これさえあれば、何杯だって食べられる。わが友、ごはんの友。たまごの黄身のしょうゆづけ×独身男子。しそみその焼きおむすび×女子大生。なすの浅漬け×おばあちゃん。セロリのじゃこ炒め×おじいちゃん。とりそぼろ×料理人……路地裏の料理店「ひとくちや」にあつまる人たちを、心まであたためる8つのしあわせレシピ。(実業之日本社より引用)


グルメ漫画でこんなに泣くなんて…涙なしでは読めないのに、ほっこり気持ちが暖かくなる漫画。絵柄も可愛いですし、料理の絵もとても上手で美味しそう!一話ずつ話の最後にはレシピもついてきます。そんなに凝ったレシピではないので、すぐに作りたくなりますよ。



食戟のソーマ/附田 祐斗


出典:©︎食戟のソーマ

実家が下町の定食屋を営む中学生・幸平創真。目標である料理人の父を越える為、創真は修業の毎日を送っていた。しかし突然、父から料理学校への編入話を告げられ…!? 創造する新料理マンガ、ここに開演!!(ジャンプコミックスより引用)


料理学校でライバル達と切磋琢磨して料理で戦うお話。漫画ですから現実ではありえないことも多いですが、料理の話はとても勉強になって楽しく読めますし、レシピも見やすくて挑戦したくなります!出てくる料理は全て美味しそうで夜中に読んでるとお腹が空いてきますよ。



忘却のサチコ/阿部 潤


出典:©︎忘却のサチコ

佐々木幸子(ささき・さちこ)、29歳。職業、文芸誌編集者。仕事は順調、結婚も決まり、これまで完璧な人生を歩んできた。あの日までは…!!美味しいものを食べた時に得られる”忘却の瞬間”を求めて、ありとあらゆる美食を追いかける!!絶品グルメ・コメディー、開幕!!(ビッグコミックスより引用)


結婚式前に新婦が逃亡…その後、食べることに目覚めるサチコ。折り目正しく姿勢よくお辞儀はきっちり90度の生真面目なサチコが美味しいものを食べてふぁ〜とした顔をするだけのお話なんですけどとにかく面白い!グルメ漫画ってこんなにも面白くなるんですね。美味しいもの食べて頑張ろうと思わせてくれる作品です。



銀のスプーン/東田 基


出典:©︎銀のスプーン

律は受験を控えた高校3年生。弟の調、妹の奏、そして父を亡くしてからも温かく自分たちを育ててくれた母と4人暮らし。ところがある日、母の病気が発覚。入院する母に代わり、律がはじめて台所に立つことになり……。小沢真理がおくる、おいしくて優しい物語。 (ふゅーじょんぷろだくとより引用)


もう一つ東田さんの作品。料理をしたことのない男の子が母の入院を機に兄弟の為にご飯をつくりはじめます。その男の子が物静かでストーリーもほのぼのゆったりと進む感じ、家族のために料理を作ることの大事さと大変さ。そして、家族で食卓を囲むことの幸せを感じる作品。かなり泣けますよ。



にがくてあまい/小林ユミヲ


出典:©︎にがくてあまい

容姿端麗、仕事もでき、上司の信頼も厚く、後輩からも慕われるアラサー女・マキ。一方、ある事実を隠し、男子校で教師を務めるイケメン男・渚(なぎさ)。出会うべくして出会った2人の奇妙な同棲が始まった!“食”をテーマに、男に恵まれない女と女に興味のない男の同居生活を描く、食ライフラブコメディー!(エデンコミックスより引用)


掃除も料理も苦手な主人公が野菜大好き料理好きの男と同居することに。料理が絡みつつ、登場人物たちが成長していく物語。レシピや野菜などの知識もしっかり描いてありますがそれ以上に人間模様がこと細かく描かれていて面白い。どれも美味しそうな料理で、身体にも良さそうですよ!



山と食欲と私/信濃川 日出雄


出典:©︎山と食欲と私

27歳会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称単独登山女子。美味しい食材をリュックにつめて今日も一人山を登るのでした。(BUNCH COMICSより引用)


山で食べるからこそおいしい簡単レシピがいっぱい!ご飯の絵とひとり山飯シーンはよだれが溜まります。そして登山の楽しみ方や歩き方なども参考になります。絶対、山に行って、ご飯を作りたくなりますよ!



孤高のグルメ/久住 昌之


出典:©︎孤高のグルメ

輸入雑貨商の井の頭五郎が下町で、仕事先で、味わう食の数々。山谷のぶた肉いため、中津のたこ焼き、西荻窪のおまかせ定食など、流行グルメが去った後に残ったものを探す。(扶桑社より引用)


主人公が仕事柄あちこちの街に商談に出向いて、その出先で毎度毎度食べる場所を探して昼食や甘味にありつくお話。おじさんの一人飯を題材にした、とても万人受けするとは思えないテーマですが、とても面白くて、全編を通じてのまったり感と脱力感が何ともいえません!雰囲気を持った不思議な一冊。



ラーメン大好き小泉さん/鳴見 なる


出典:©︎ラーメン大好き小泉さん

クールで無口、他人と馴れ合わないミステリアスな転校生・小泉さん。 彼女は、日ごと美味しいラーメンを求めるラーメンのプロだった――!? あんなラーメンやこんなラーメン、すべて美味しくいただきます! ガツンと本格派ラーメングラフィティ、いよいよ着丼!(バンブーコミックスより引用)


小泉さんのラーメンに対する情熱がすご過ぎる作品。クールな小泉さんと、そのラーメン愛とのギャップが面白い!色々なラーメンが出てきて、しかも美味しそうに食べるので、ものすごくラーメンが恋しくなります。絶対夜に読んではだめな一冊。



信長のシェフ/梶川 卓郎


出典:©︎信長のシェフ

現代の料理人・ケン。彼が目を覚ますとそこは戦国時代だった。京で評判の料理の噂を聞きつけた信長は、強引にケンを自分の料理人にするが…!?戦と料理が織りなす前代未聞の戦国グルメ絵巻!コラム&レシピ「戦国めし」も必見!(芳文社コミックスより引用)


信長の時代にタイムスリップした主人公が現代の料理を戦国の世で作りちょっとした出来事を解決に導いていくお話。当時の食材などが丁寧に描かれていてとても面白い!戦国時代の話なので途中涙する場面や残酷なシーンもありますが、そこは読みやすく描かれていますので安心して読めますよ!



花のズボラ飯/久住 昌之


出典:©︎花のズボラ飯

単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)、30歳。花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!(秋田書店より引用)


かわいい。ズボラしたい時ってこんな感じだなあって思いながら読みました。ですので登場する料理は真似しようと思えば、ほぼ100%できるレシピばかり、それでも不思議と美味しそうに感じるのは花ちゃんがめちゃくちゃ美味しそうに食べるから!料理と一緒に花ちゃんのキャラクターと生活を楽しめる漫画です。



あとがき

いかがでしたか?おすすめの最強グルメ漫画をご紹介してきました。どの作品も凄く美味しそうな料理ばかり登場するし、美味しそうに食べるので読んでしまうときっとお腹がすきますよ。気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。

【自分磨き!】心を豊かにしてくれるおすすめの小説 5作!

良い本に出会うと心が豊かになります。それはもちろん自分磨きにも繋がります。今回は、きっと心を成長させてくれる素敵な小説を厳選してご紹介していきたいと思います!是非参考にしてみて下さいね。

心を豊かにするおすすめの小説

  • 表記はタイトル、あらすじ、感想の順になっています。
  • 作品は随時追加していきます。


お気に入りの作品を見つけて下さいね。それでは思う存分お楽しみ下さい!

日の名残り

品格ある執事の道を追求し続けてきたスティーブンスは、短い旅に出た。美しい田園風景の道すがら様々な思い出がよぎる。長年仕えたダーリントン卿への敬慕、執事の鑑だった亡父、女中頭への淡い想い、二つの大戦の間に邸内で催された重要な外交会議の数々―過ぎ去りし思い出は、輝きを増して胸のなかで生き続ける。(早川書房より引用)


AmazonのCEOが心に残る一冊に上げていたので読んでみた作品、執事が休暇中にイギリスをドライブで旅行しながら自分の人生を振り返る物語。というよりも彼が振り返っているのは、自分から見た、自分の人生において大切であった人びとの物語。美しい情景が目に見えるかのようでした。


職務のために父親も、惹かれあっていた相手も突き放した彼には、執事として生き、執事として死ぬ道しか残されていません。しかし、その執事という役割そのものが消えようとしている…。その悲哀の中、ともに働いていた女中頭と再会することで、自分の人生の味気無さに思わず涙します。 英国の風景を描いているはずなのに、漂う郷愁がとても日本的。


執事が語り手というスタイルですので、自身や過去を美化しすぎているようにも思わせますが、この少し謎めいた記述も魅力の一つだと思います。最後に『ああ良かった』と心から思える良い作品でした。

アルジャーノンに花束を

32歳になっても幼児なみの知能しかないチャーリイ。そんな彼に夢のような話が舞いこんだ。大学の先生が頭をよくしてくれるというのだ。これにとびついた彼は、白ネズミのアルジャーノンを競争相手に検査を受ける。やがて手術によりチャーリイの知能は向上していく…天才に変貌した青年が愛や憎しみ、喜びや孤独を通して知る人の心の真実とは?全世界が涙した不朽の名作。(早川書房より引用)


チャーリイは、ただ、頭が良くなりたいと、人を愛し、愛されたいと願う…。ドラマなどで何度もリメイクされている、まさに不朽の名作『アルジャーノンに花束を』日記調で語られる主人公の実験結果は読んでいくとどんどん引き込まれます。


脳が発達し成長していくとともに世界の美しさ、同時に汚さを知ってしまうチャーリイ、知識とは?優しさとは?愛情とは?と問うメッセージが強くながれ続け、本当に認めて欲しい感情がなんだったのかを最後に理解します。


この本のラストは本当に泣けました。人間あるがままが1番幸せなのかなと思えるとても素敵な一冊、おすすめです。

涙が止まらない!泣ける小説20選


塩狩峠

結納のため、札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車は、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れて暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた……。明治末年、北海道旭川の塩狩峠で、自らを犠牲にして大勢の乗客の命を救った一青年の、愛と信仰に貫かれた生涯を描き、生きることの意味を問う長編小説。(新潮社より引用)


他人の犠牲になんてなりたかない、誰だってそうさ――そうだろうか、本当に?『塩狩峠』は、ある鉄道職員の生涯がモデルになった作品で、実話を元にしたフィクションです。


初めは無関心、むしろ嫌っていた主人公の宗教に対するとらえ方が、環境の変化や成長の過程で変ってゆく姿が描かれています。物語の基礎としてはキリストの信仰が大きいのでしょうけれど、信仰があろうとなかろうと、何事においてもブレない心の芯の強さが大切なのだと思えます。心の拠りどころを持つ人たちの心の穏やかさや充足感を感じました。こういう小説を読んでおくことで人は少しは優しくなれるのだと思える一冊です。

祈祷師の娘

祈祷師の家に育った主人公、春永はお父さん、お母さんとは血がつながっておらず、お祓いの能力を持っていません。姉の和花ちゃんには霊能力があり、祈祷師をつぐことになります。自分に霊能力のない春永は悩みますが、中学校での恋のまねごとのような人間関係や、霊能力を持ってしまった小学生の女の子とのふれあい、そして実の親に会いに行く小さな旅を通して、少しずつ自分らしさをつかんでいきます。(ポプラ社より引用)


祈禱師を生業としている一家で育ったけれど血の繋がっていない中一の春ちゃん。


血が繋がっていない故に祈祷師としての才能を持たない自分にはどんな存在意義があるのか、どうしたら家族の役に立てるのか、仲の良い4人家族ですがどんなに頑張っても超えられない一線があって…そこに悩み苦しむ春ちゃんの自分探しのお話。


祈祷所という舞台で、霊的なものが見える人や未来が分かるといった、ちょっと特殊な人も出てくる設定なのですが、奇抜でもないし俗っぽくもありません。静かで淡々として、優しくて強いお話でした。とても心温まります。

ほかならぬ人へ

「ベストの相手が見つかったときは、この人に間違いないっていう明らかな証拠があるんだ」…妻のなずなに裏切られ、失意のうちにいた明生。半ば自暴自棄の彼はふと、ある女性が発していた不思議な“徴”に気づき、徐々に惹かれていく…。(祥伝社より引用)


直木賞受賞作、大切な人ってなんなのかを探る一冊。『かけがえのない人』『ほかならぬ人』2つの恋愛中編集。2つの話は、恵まれた境遇に生まれた主人公が、自分とは考え方も生き方も違う恋人や大切な人と過ごしていく日々を描いた作品。出会うべき運命の人はいるのか。いたとして、それが運命の人だと何時どう分かるのか…。


読後の余韻に『愛する』ということをジワジワと考えさせてくれる良質の恋愛小説です。


あとがき

いかがでしたか?心を豊かにしてくれるおすすめの小説をご紹介してきました。どれもとても素敵な作品ばかりです!気になるものが見つかれば是非一度手に取ってみて下さいね。