いろはにほへど

朝起きて本を読んで寝てます。

おすすめの映画35作品!面白くて心に響く、記憶に残る洋画・邦画を厳選!

面白いのはもちろんのこと心に響いたり記憶に残るような素敵な映画に出逢えていますか?ジャンルを問わず良い映画に出会えると人生観まで変わってしまうことも。今回は年代別に特におすすめしたい良質な映画を洋画・邦画を織り交ぜ厳選してご紹介していきたいと思います。

はじめに



感動、笑い、切なさ、高揚感や緊張感など様々な感情を揺さぶるおすすめの映画を新作・名作から厳選して、あらすじや感想と合わせてご紹介していきます。


とにかく面白い映画を探している方、何をレンタルしようか悩んでいる方、間違いなくおすすめできる良作ばかりですので是非参考にしてみて下さいね。

面白くて心に響く!おすすめの映画【洋画・邦画】

掲載の順番はランキング形式ではなく公開年順、また作品は随時追加予定。

表記はタイトル・公開年・上映時間・あらすじ・感想の順です。

それでは面白くて心に響く、記憶に残る!おすすめの映画35作品【洋画・邦画】をどうぞごゆっくりお楽しみください。

しあわせの絵の具


出典:©︎ しあわせの絵の具/2018年/116分

あらすじ

カナダ東部の田舎町で叔母と暮らし、絵を描くことが生きがいのモード(サリー・ホーキンス)は、魚の行商をしているエベレット(イーサン・ホーク)の家で住み込みの家政婦として働き始める。


幼少期にリウマチを患い身内に冷たくされてきたモードと、養護施設で育ったエベレットは互いを認め合い、やがて夫婦になる。ある日、モードの絵の才能を見いだす女性が現われ……。

みどころ

カナダで有名な女性画家、モード・ルイス夫妻の実話をもとにした映画。不器用な愛にまっすぐな愛…表現の仕方こそ違いますがとても素敵な2人の物語です。


人の温もりを知らない2人が、度々衝突しながらも徐々に心を開き、愛情がじんわり深まっていく様子にはもの凄く癒されます。夫が少しずつモードに歩み寄っていく姿には思わずニヤニヤ、目はじんわりと熱くなるはず。強くおすすめしたい良質なラブストーリー!

グレイテスト・ショーマン


出典:©︎ The Greatest Showman/2018年/104分

あらすじ

P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。


イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。

みどころ

実在した人の半生を描いたストーリー展開は明るくて軽快で驚く程シンプルなのでとても分かりやすくなっています。そしてなんといっても音楽とダンス、鳥肌がたちっぱなしの圧倒的なパフォーマンスであっという間に世界に引き込まれます!


普通の映画では感じることの出来ない高揚感を楽しめるミュージカル映画。ミュージカルが苦手という方にも是非観て欲しいおすすめの作品です。個人的にも大好きで何度も観返してしまいました。

ドリス・ヴァン・ノッテン


出典:©︎ ドリス・ヴァン・ノッテン/ 2018年/93分

あらすじ

世界的ファッションデザイナー、ドリス・ヴァン・ノッテンの2015春夏レディースコレクションから、2016 / 2017秋冬メンズコレクションに密着。


ショーの舞台裏からアトリエなど創作の現場だけでなく、妥協のない創作活動を支えるベルギー・アントワープ近郊の邸宅にも初めて潜入し、菜園で育てた採れたての野菜を調理するドリスの素顔も映し出される。

みどころ

孤高のファッションデザイナーとも呼ばれるドリス・ヴァン・ノッテンの生活を覗くことのできる作品。


優しい完璧主義者な彼の生活は細部まで美しくてみずみずしい。作りだす事への姿勢がとても勉強になりますし、映像に写る全てが芸術的で見惚れます。創作意欲をかきたててくれる素敵な映画。


5パーセントの奇跡


出典:©︎ 5パーセントの奇跡/ 2018年/130分

あらすじ

ドイツ人の母とスリランカ人の父を持つサリヤの夢は、一流のホテルマンになることだった。だがある日、先天性の病が原因の網膜剥離と診断され、手術後の彼の視力は、それまでの5パーセントしかなかった。


それでもサリヤは夢を諦めずに必死で勉学に励み、ミュンヘンにある5つ星ホテルで研修生になるが、視力のことは隠しており……。

みどころ

心温まるドイツの実話に基づく映画。95%の視覚を先天性の病気で失ってしまったサリー。五ツ星ホテルで働くという夢を実現させる為、目が見えない事を隠して一流ホテルでの研修に参加します。しかし、完璧かに思えた偽装計画に徐々にほころびが出始めて…。


何度も壁にぶつかりながらも優しい仲間達に支えられながら、諦めず人一倍の努力を続ける主人公の姿は素敵すぎます!設定の割に悲壮感もなくて、最後まで笑いながら楽しめて元気を貰えますよ。


パディントン 2


出典:©︎ 5パーセントの奇跡/2018年/104分

あらすじ

ブラウン家の一員として、幸せに生活しているクマのパディントン。もうすぐ100歳になるルーシーおばさんへの誕生日プレゼントを探していた彼は、骨董品屋ですてきな絵本を見つける。


絵本代を稼ごうと窓ふきのアルバイトを始めるが、洗剤を頭からかぶるなど失敗しては騒動を起こす。そんな中、絵本が盗まれ、一家と共に絵本の行方を追うパディントンだが。

みどころ

イギリスのハートフルコメディ映画『パディントン 2』。どじっ子ですが、ロンドン中の人から愛される熊のパディントン。おばさんの誕生日に一冊の飛び出す絵本をプレゼントしようと仕事をしてお金を貯めていたのですが、絵本を盗まれる事件が発生して…。


可愛いすぎるパディントンと可愛いすぎるストーリーに気持ちがほっこり満たされます。1作目を観ていなくても全然問題なし、しっかり楽しめますよ!かなりオススメしたい映画です。


デトロイト


出典:©︎ デトロイト/ 2018年/142分

あらすじ

1967年の夏、アメリカ・ミシガン州デトロイトで大規模な暴動が発生し、街が騒乱状態となる。2日目の夜、州兵集結地の付近で銃声が鳴り響いたという通報が入る。


デトロイト警察、ミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元警備隊は、捜査のためにアルジェ・モーテルの別館に入る。数人の警官が、モーテルの宿泊客相手に捜査手順を無視した尋問を開始。自白を強要された宿泊客たちは…。

みどころ

計り知れない恐怖や、理不尽で埋め尽くされていて緊張感が物凄い作品。1967年に発生したデトロイト暴動で、白人警官による殺人事件をまるで現場に居合わせた様なリアルなタッチで描いた衝撃的な社会派映画。


独特のカメラワークやリアリティ溢れる演出、演技が凄すぎて目が離せませんでした。それにしてもこんな出来事が事実だと思うと本当にゾッとします…。


スリー・ビルボード


出典:©︎ スリー・ビルボード/2018年/116分

あらすじ

ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。

みどころ

娘を殺された母親によって出された警察を非難する巨大広告…これを取り巻く人々の怒りや後悔、悲しみ、無関心など様々な負の感情が交錯している作品。


ただ、そんな中に見え隠れする人の温かさや許し、愛がすごく綺麗。心理描写がメインとなっていて分かりやすい内容とは言えないのですが、自身を襲う不幸や怒りについて見つめ直すきっかけともなる素敵なおすすめの映画です。

gifted


出典:©︎ gifted/2017年/101分

あらすじ

めいで7歳のメアリーと片目の猫フレッドと共に、フロリダの小さな町で生活している独り身のフランク。平穏に過ごしていた彼らだったが、メアリーにある天才的な能力があることが判明する。


フランクは彼女に普通の子供と同じように育ってほしいと願っていたが、彼の母エブリン(リンゼイ・ダンカン)は二人を引き離してメアリーに英才教育を受けさせようとする。

みどころ

とても温かくて優しいハートフルなストーリー。母親を亡くした少女メアリーに備わった天才的な才能の育て方で割れる大人。普通に子供らしくいてほしいフランクと才能をのばしたい祖母…どちらの言い分にも愛はあるのですが正反対、かといってドロドロとはしていません。


子どもの育て方には色々な考え方があって正解は分かりませんが、とてもほっこりする素敵な作品です。

ダンケルク


出典:©︎ ダンケルク/2017年/106分

あらすじ

1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。


一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイロットのファリア(トム・ハーディ)が、数的に不利ながらも出撃する。

みどころ

戦争のリアルを美しい映像とBGMで緻密に描いたクリストファー・ノーラン節炸裂の大作。


第二次大戦ドイツ軍侵攻時、フランスの沿岸地帯ダンケルクからの撤退作戦に翻弄された若者達を陸海空の視点から描く群像劇です。セリフが少なく内容もシンプルなのに、凄まじい緊張感に息が詰まり、気が付くと作品に没入させられていました。

キングス・オブ・サマー


出典:©︎ キングス・オブ・サマー/2017年/95分

あらすじ

高校生のジョーとパトリックは、親に対する不満から家出を計画する。彼らはちょっと風変りな少年ビアジオと一緒に森に隠れ家を作り、自然の中で生活しようとする。


しかし、そこへジョーが恋しているクラスメートの女の子ケリー(エリン・モリアーティ)がやってきたことから、少年たちの友情に暗雲が立ち込め……。

みどころ

子供扱いしてくる親への不満から友達と家出、劇的なことが起こるわけではないのですが青春が詰まった映画。


森の中に秘密基地を建てることを計画した3人の少年たちの自由で瑞々しい時間を音楽と、深い緑と絶妙の光で描写しています。1コマ1コマがすごく印象的で記憶に残る良作です。

ラ・ラ・ランド


出典:©︎ ラ・ラ・ランド /2017年/128分

あらすじ

何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミア(エマ・ストーン)は、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。


そこでピアニストのセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会うが、そのいきさつは最悪なものだった。ある日、ミアはプールサイドで不機嫌そうに1980年代のポップスを演奏をするセバスチャンと再会し……。

みどころ

映像がポップで色彩豊か、夢を追う男女の話がミュージカル調になっているので、目だけではなく耳と心で楽しめる映画。恋心を刺激させられること間違いなしの作品です。夢と現実が交差する切ないラストもとても素敵ですよ!

タレンタイム〜優しい歌


出典:©︎ タレンタイム〜優しい歌 /2017年/115分

あらすじ

マレーシアのとある高校で、毎年恒例の“タレンタイム”という芸能コンテストが開催される。裕福な家庭に育ったムルー(パメラ・チョン)はピアノの弾き語りで参加することに。耳の不自由なマヘシュ(マヘシュ・ジュガル・キショール)は、練習期間中バイクで彼女の送り迎えをすることになり……。

みどころ

平凡な日常に涙が止まらないのに、笑いがくすっと出てしまう優しい気持ちになれる青春群像劇。


多民族国家マレーシアで、国も宗教も異なる4人を巡って、現代の多民族国家での風習や宗教、考え方のすれ違いを、ユーモアたっぷりな物語と、美しい映像や歌で飾る傑作。優しさに満ちたおすすめの映画です。

美女と野獣


出典:©︎ タレンタイム〜優しい歌 / 2017年/130分

あらすじ

進歩的な考え方が原因で、閉鎖的な村人たちとなじめないことに悩む美女ベル(エマ・ワトソン)。ある日、彼女は野獣(ダン・スティーヴンス)と遭遇する。彼は魔女の呪いによって変身させられた王子で、魔女が置いていったバラの花びらが散ってしまう前に誰かを愛し、愛されなければ元の姿に戻ることができない身であった。その恐ろしい外見にたじろぎながらも、野獣に心惹(ひ)かれていくベル。一方の野獣は……。

みどころ

映像も音楽も世界観も、そしてエマワトソン演じるベルもただただ美しいディズニー映画。


ベルと野獣が徐々に仲を深めていく過程がミュージカルに乗せてうまく伝わってきます。アニメ版には無かったシーンや歌もあって、初めて美女と野獣を見る人はもちろん、アニメ版を見た事のある人も凄く楽しめると思います。

▽関連記事

散歩する侵略者


出典:©︎ 散歩する侵略者/2017年/129分

あらすじ

鳴海の夫・真治が、数日間行方をくらまし、別人のようになって帰ってくる。これまでの態度が一変した夫に疑念を抱く鳴海は、突然真治から「地球を侵略しに来た」と告白され戸惑う。一方、町ではある一家の惨殺事件が起こったのを機に、さまざまな現象が発生し、不穏な空気が漂い始める。

みどころ

ある日突然、夫の人格が別人に変わってしまったら…。人間から概念を奪ってしまう宇宙からの侵略者とその恋人の物語。概念を奪われた人間は意味不明な行動を取り人間らしさを奪われていきます。これまでの、普通に宇宙人が侵略してくる映画とは違った不思議な面白さがあってすごく魅力的な作品。

シング・ストリート


出典:©︎ シング・ストリート/2016年/106分

あらすじ

1985年、ダブリン。両親の離婚やいじめで暗い日々を過ごすコナーは、音楽好きな兄と一緒にロンドンのミュージックビデオを見ることが唯一の楽しみという14歳。ある日、ラフィナを見掛け瞬く間に恋に落ちた彼は、思わず「僕のバンドのPVに出ない?」と口走ってしまう。慌ててバンドを組んだコナーは彼女を振り向かせようと、クールなPVを撮るため音楽活動に奔走する。

みどころ

80年代イギリス、片思いをした女の子に、歌でしか思いを伝えられない不器用で純真な高校生の青春物語。見た目はみんな垢抜けない少年達ですが、いざバンドで歌い出すと格好良く見えてしまうから不思議。キラキラして爽やかなおすすめの映画です。

サウルの息子


出典:©︎ サウルの息子/2016年/107分

あらすじ

1944年10月、ハンガリー系ユダヤ人のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所でナチスから特殊部隊“ゾンダーコマンド”に選抜され、次々と到着する同胞たちの死体処理の仕事に就いていた。ある日、ガス室で息子らしき少年を発見した彼は、直後に殺されてしまったその少年の弔いをしようとするが……。

みどころ

アウシュヴィッツ強制収容所での死体処理や掃除など、大虐殺の裏方を描いた絶望で満ちた世界の映画。


基本的に主人公サウルをカメラフレームの中心に据えて撮っていて、ピントがサウルのみに当てられています。この独特な映像の効果に臨場感がありすぎて、自分もゾンダーコマンドになってしまったかのような絶望を感じました。恐がらせようとも感動させようともしていない、考えさせられる映画です。

ヒトラーの忘れもの


出典:©︎ ヒトラーの忘れもの/2016年/101分

あらすじ

ナチスドイツが降伏した後の1945年5月、デンマークの海岸にドイツ軍が埋めた地雷を撤去するため、ドイツ兵の捕虜が投入される。まだ幼さの残る10代の少年兵たちを監督するデンマーク軍軍曹ラスムスン(ローランド・ムーラー)は、徹底して彼らをこき使おうとする。だが、少年兵たちは誤爆や撤去作業の失敗で次々と命を落とし……。

みどころ

ドイツが敗戦し、占領していたデンマークの防衛線に大量に埋められていた地雷をドイツの少年兵だけで構成された部隊に撤去させたという実話。


それを監督するデンマーク軍曹の葛藤、苦悩や行動の変化がとても丁寧でリアルに描かれていてラストのかすかな希望、その感動を深くしています。語り継がれていくべき良作。

FAKE


出典:©︎ FAKE/2016年/131分

あらすじ

2014年、聴覚障害を抱えながら「鬼武者」などのゲーム音楽や「交響曲第1番“HIROSHIMA”」といった作品により「現代のベートーベン」と呼ばれた佐村河内守が、実は耳は聞こえており、作品はゴーストライターの作曲だったと報道される。騒然とする状況で、自宅での撮影に応じた佐村河内は……。

みどころ

事実とは何か?なにが本当でなにが嘘なのか。ゴーストライター騒動で話題となった、佐村河内守さんの事件後とその真実に迫るドキュメンタリー映画。


彼を善人に仕立て上げようとするわけではなく、彼を告発した側の人々を悪人だと主張するわけでもなく、とにかく中立に徹している作品。ものすごく面白いなかで物事を1つだけの視点で見てしまうことの恐怖を感じました。

湯を沸かすほどの熱い愛


出典:©︎ 湯を沸かすほどの熱い愛/2016年/125分

あらすじ

1年前、あるじの一浩が家を出て行って以来銭湯・幸の湯は閉まったままだったが、双葉と安澄母娘は二人で頑張ってきた。だがある日、いつも元気な双葉がパート先で急に倒れ、精密検査の結果末期ガンを告知される。気丈な彼女は残された時間を使い、生きているうちにやるべきことを着実にやり遂げようとする。

みどころ

人間の温かさと強さを感じられる愛の詰まった映画。残り2ヶ月しか生きられないとわかってからのお母ちゃん、強くて生き生きとしていてとても綺麗でした。複雑だし悲しいのにすごく前向きで、最初から最後まで泣きっぱなしになるので心して観てくださいね。

▷関連記事

はじまりのうた


出典:©︎ はじまりのうた/2015年/104分

あらすじ

ミュージシャンの恋人デイヴと共作した曲が映画の主題歌に採用されたのを機に、彼とニューヨークで暮らすことにしたグレタ。瞬く間にデイヴはスターとなり、二人の関係の歯車に狂いが生じ始め、さらにデイヴの浮気が発覚。


部屋を飛び出したグレタは旧友の売れないミュージシャンの家に居候し、彼の勧めでこぢんまりとしたバーで歌うことに。歌い終わると、音楽プロデューサーを名乗るダンにアルバムを作ろうと持ち掛けられるが……。

みどころ

ニューヨークを舞台に、お互い落ち込んでいる時に出会った無名のミュージシャンと元プロデューサーがアルバムを作る話。


音楽を作りながら、時には友人や家族を巻き込んで、前向きなっていく。ただひたすらに音楽の素晴らしさを感じる事の出来る映画です。曲も凄く良いのできっとサントラも聴きたくなるはず。

セッション


出典:©︎ セッション/2015年/107分

あらすじ

名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン。そんな彼を待ち受けていたのは、鬼教師として名をはせるフレッチャーだった。


ひたすら罵声を浴びせ、完璧な演奏を引き出すためには暴力をも辞さない彼におののきながらも、その指導に必死に食らい付いていくニーマン。だが、フレッチャーのレッスンは次第に狂気じみたものへと変化していく。

みどころ

異様な熱気と狂気、手に汗握る鬼教官と若者の音楽スポ根映画。息が詰まるほどの緊張感で、心が和らぐのは演奏シーンのみ。そして見終わった瞬間に、全身に鳥肌がたつほどの感動!厳しさや逆境が人を強くすると信じたくなります。目にも耳にも記憶に残るおすすめの名作。

▷関連記事

Mommy マミー


出典:©︎ Mommy/2015年/139分

あらすじ

ギリギリの生活を送るシングルマザーのダイアン(アンヌ・ドルヴァル)は、15歳のスティーヴ(アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン)と二人で生活している。


彼女は最近矯正施設から退所したばかりの注意欠陥多動性障害の息子の扱いに手を焼いていた。やがて母子は隣の家に住む、今は休職中の高校教師カイラと親しくなっていき。

みどころ

ADHDの少年とシングルマザー、そして近所に住む吃音症で休職中の女性教師3人の交流を描いた映画。


テーマも内容も重たいものなのに、映像と音の美しさで物語は優雅に進んでいるように感じます。観ていると、途中辛くなるのですが最後は心が満たされる素敵な映画。映像の構成も圧巻です。

あん


出典:©︎ あん/2015年/113分

あらすじ

刑務所から出所したのち、どら焼き屋「どら春」の雇われ店長となった千太郎の店に、徳江(樹木希林)という女性がやって来る。その店で働くことを強く希望した徳江を千太郎は採用。


徳江が作る粒あんが評判となり、店は大繁盛。そんな中徳江は、つぶれたどら焼きをもらいに来ていた女子中学生のワカナと親しくなる。ところがある日、かつて徳江がハンセン病を患っていたことが近所に知れ渡り……。

みどころ

人生に落胆しているどら焼き屋の店長と店で働きたいと訪ねてきたハンセン病患者の話。人間の生き方や生きる意味に焦点をあてたとても美しいおすすめの映画です。樹木希林さんの演技があまりにも自然すぎて、途中から映画だということを忘れてしまう程です。

くちびるに歌を


出典:©︎ くちびるに歌を/2015年/132分

あらすじ

産休を取ることになった親友の音楽教師ハルコ(木村文乃)の代理として、生まれ故郷の五島列島にある中学の臨時教師となった柏木(新垣結衣)。天賦の才能を持つピアニストとして活躍したうわさのある美女だが、その性格はがさつで乗り回す車もボロいトラック。


住民たちの注目を浴びる中、彼女はコンクール出場を目標に日々奮闘している合唱部の顧問に。そして部員たちに、課題として15年後の自分に宛てた手紙を書かせる。やがて、部員たちがつづった手紙から、それぞれが抱える苦悩や秘密が浮き上がってくるが……。

みどころ

美しい風景と学生時代の純粋な心がマッチした五島列島が舞台の青春映画。ストーリーとしてはとてもシンプルでスローテンポ、一人ひとりの思い、苦悩や葛藤がとても丁寧に描かれていて自然と心にくるものがあります。一歩を踏み出す勇気をもらえる素敵な映画。

ゴーン・ガール


出典:©︎ ゴーン・ガール/2014年/149分

あらすじ

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。


警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け…。

みどころ

突然、失踪した妻を捜索する夫。しかしマスメディアは夫が妻を手にかけたのではと、次第に疑いの目を向け始め…。最後まで何が起こるのか分からなくて、安心する隙を与えない展開、実際にありそうな異常性に強烈なインパクトのある作品。シナリオや伏線の回収もすごく凝っていてとても楽しめますよ。

オール・ユー・ニード・イズ・キル


出典:©︎ オール・ユー・ニード・イズ・キル /2014年/113分

あらすじ

近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐(トム・クルーズ)は、戦闘によって亡くなる。


しかし、タイムループの世界にとらわれ、戦闘と死を繰り返す。そんな中、特殊部隊の軍人リタ・ヴラタスキ(エミリー・ブラント)と出会ったケイジは、彼女と一緒に何度も戦闘と死を繰り返しながら戦闘技術を向上させ……。

みどころ

最初は頼りない主人公が、未知の生命体と戦って死ぬたびに同じ1日を繰り返し、少しずつ学習しながらレベルアップしていく様が爽快なアクション×タイムリープもの。何度も同じシーンをしますがテンポよく進むので飽きることはありません。戦闘シーンも単純に迫力があってとてもおすすめなSF映画です。

ブルージャスミン


出典:©︎ ブルージャスミン /2014年/98分

あらすじ

ジャスミン(ケイト・ブランシェット)は夫ハル(アレック・ボールドウィン)とニューヨークでぜいたくな生活を送っていたが、全てを失い、サンフランシスコに暮らす妹ジンジャー(サリー・ホーキンス)のアパートに身を寄せる。


過去のセレブ生活にとらわれ、神経をすり減らしていたジャスミンだったが、ある日お金持ちの男性ドワイト(ピーター・サースガード)と出会い、自分の身の上についてうそをついてしまう。

みどころ

セレブからの転落、お金で繋がっていたものは全て失い残ったものはくだらないプライドとブランド物の服だけ…。見ていられないほど痛々しい主人公の転落劇を見続けるのは辛いけれど…面白い。落ちぶれた状況ながらセレブらしさを感じさせる女優の演技力も圧巻です。

ウルフ・オブ・ウォールストリート


出典:©︎ ウルフ・オブ・ウォールストリート/2014年/179分

あらすじ

学歴や人脈もないまま、22歳でウォール街の投資銀行で働きだしたジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)。巧みな話術で人々の心を瞬く間につかみ、斬新なアイデアを次々と繰り出しては業績を上げ、猛烈なスピードで成り上がっていく。


そして26歳で証券会社を設立し、約49億円もの年収を得るまでに。富と名声を一気に手に入れ、ウォール街のウルフという異名で呼ばれるようになった彼は、浪費の限りを尽くして世間の話題を集めていく。しかし、その先には思いがけない転落が待ち受けていた。

みどころ

ウォール街で平凡な庶民が頭を使い成り上がっていく話。主人公はすごく下品な最低男ですが、人を惹きつけ焚きつける言葉遣いは見ていて気持ち良い!なんといってもこれが事実に基づいているというのが衝撃的。落ち着くことなく、最後まで突き抜けていくような作品です。

アバウト・タイム


出典:©︎ アバウト・タイム/2014年/124分

あらすじ

自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。


恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。

みどころ

過去に遡れる力を持つ家系に生まれた主人公の日常を追ったヒューマンドラマ。時間の大切さを気付かせてくれて、自分の人生も周りの人も愛おしくなるとても素敵な映画。きっとこれがタイムトラベルの正しい使い方、ただただ幸せな気分で満たされます。

そこのみにて光輝く


出典:©︎ そこのみにて光輝く/2014年/120分

あらすじ

仕事を辞めて何もせずに生活していた達夫(綾野剛)は、パチンコ屋で気が荒いもののフレンドリーな青年、拓児(菅田将暉)と出会う。


拓児の住むバラックには、寝たきりの父親、かいがいしく世話をする母親、そして姉の千夏(池脇千鶴)がいた。達夫と千夏は互いに思い合うようになり、ついに二人は結ばれる。ところがある日、達夫は千夏の衝撃的な事実を知り…。

みどころ

重たくて暗くて観るのに結構な体力をつかう映画。負の連鎖から抜け出そうとする3人の男女が足掻いて足掻いて、やっと光が見えた瞬間にまた連鎖の中に引き摺り込まれていく…。


主要メンバーの演技がとにかく凄くて、底辺でもがく辛さや悲哀、それでも捨てられない希望みたいなものがヒシヒシと伝わってきます。暗い場所だからこそ輝けるものを見せてくれる傑作。

ゼロ・グラビティ


出典:©︎ ゼロ・グラビティ/2013年/91分

あらすじ

地表から600キロメートルも離れた宇宙で、ミッションを遂行していたメディカルエンジニアのライアン・ストーン博士(サンドラ・ブロック)とベテラン宇宙飛行士マット・コワルスキー(ジョージ・クルーニー)。


すると、スペースシャトルが大破するという想定外の事故が発生し、二人は一本のロープでつながれたまま漆黒の無重力空間へと放り出される。地球に戻る交通手段であったスペースシャトルを失い、残された酸素も2時間分しかない絶望的な状況で、彼らは懸命に生還する方法を探っていく。

みどころ

カメラワークや無音効果などのテクニカルな見せ方で宇宙の壮大さと怖さをリアルに表現した映画。宇宙空間の映像は息を飲む美しさで圧巻!


ですがキャストはほぼ2人、ストーリーも単調なので退屈に感じる方も多いかもしれません、自身の疑似体験と感じられればドキドキハラハラ感を楽しめる作品だと思います。

キャプテン・フィリップス


出典:©︎ キャプテン・フィリップス/2013年/134分

あらすじ

2009年4月、ソマリア海域を航海中のコンテナ船、マークス・アラバマ号を海賊が襲撃。武器を所持していた4人の海賊に、武装していなかったアラバマ号はあっという間に占拠されてしまう。船長のリチャード・フィリップス(トム・ハンクス)は、20人の乗組員を自由にしてもらう代わりに自らが海賊の人質となり……。

みどころ

大型貨物船が、たった4人の海賊に乗っ取られ…2009年に実際起こった、アメリカ船籍の輸送船がソマリア沖で海賊に襲われた事件をモデルにした映画。輸送船と海賊船の生死をかけた頭脳戦が繰り広げられ最初から最後まで耐えられない程の緊迫感。ラストの展開も凄い!

そして父になる


出典:©︎ そして父になる/2013年/120分

あらすじ

申し分のない学歴や仕事、良き家庭を、自分の力で勝ち取ってきた良多(福山雅治)。順風満帆な人生を歩んできたが、ある日、6年間大切に育ててきた息子が病院内で他人の子どもと取り違えられていたことが判明する。血縁か、これまで過ごしてきた時間かという葛藤の中で、それぞれの家族が苦悩し……。

みどころ

是枝監督作品。子供が病院で取り違えられていた事を知った2組の家族、血の繋がりをとるのか、6年間という育てた時間をとるのか。


誰もがなかなか経験しないような出来事をとても自然に描いた映画。親になるということはどういうことなのか?それを丁寧にあたたかく、少しずつ見せてくれます。じんわりと心揺さぶるおすすめの名作です!

奇跡のリンゴ


出典:©︎ 奇跡のリンゴ/2013年/129分

あらすじ

1975年、秋則(阿部サダヲ)は青森県弘前市で妻の美栄子(菅野美穂)と共にリンゴを栽培していた。彼は、年に十数回にわたり散布する農薬が原因で皮膚に異常をきたしてしまい、寝込むこともある妻の体を心配して無農薬でリンゴを育てることを心に誓う。


だが、農薬を使わないリンゴ栽培はその当時「神の領域」ともいわれ、実現するのは絶対無理だと思われており……。

みどころ

農薬アレルギーの妻の為、絶対に不可能と言われた無農薬リンゴの栽培に奮闘する話。周りから反対されても、罵声を浴びせられても信念を曲げずに挑戦し続ける姿には素直に感動。実話だからこそ努力はいつかきっと報われると思わせてくれる始終泣かされる映画です。

言の葉の庭


出典:©︎ 言の葉の庭/2013年/45分

あらすじ

靴職人を志す15歳の高校生タカオは、雨が降るといつも学校をさぼって公園で靴のスケッチに熱中していた。そんなある日、彼は27歳のユキノと出会い、雨の日だけの再会を繰り返しながらお互いに少しずつ打ち解けていく。


タカオは心のよりどころを失ってしまったユキノのために、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作ろうと決心する。

みどころ

梅雨になると観たくなる映画。靴職人を目指す15歳の少年と27歳女性教師、雨の日の新宿御苑で、雨宿りをしていて出会った2人が次第に心を通わせていく物語。透明感のある絵や心地のいい音の美しさ、空気感、世界観どれも美しくて癒される映画。特に雨の描写は本当に美しいですよ!

レ・ミゼラブル


出典:©︎ レ・ミゼラブル/2012年/158分

あらすじ

1815年、ジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌ(アン・ハサウェイ)と知り合い、幼い娘の面倒を見ると約束。


そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい…。

みどころ

激動の時代に力一杯生きぬこうとする全員が主人公。どのキャストに注目して観るかで印象の変わるミュージカル映画で、ほぼ全ての台詞が歌になっていて驚きます。圧巻の音楽、俳優たちの演技力と歌唱力、映像美とミュージカルやオペラの苦手な人にも是非観てほしい号泣必至の名作です。

ミッドナイト・イン・パリ


出典:©︎ ミッドナイト・イン・パリ/2012年/94分

あらすじ

ギル(オーウェン・ウィルソン)は婚約者(レイチェル・マクアダムス)と共に、彼女の両親の出張に便乗してパリを訪れる。


彼はハリウッドで売れっ子脚本家として成功していたが、作家への夢も捨て切れずにいた。ロマンチストのギルは、あこがれの作家ヘミングウェイや画家のピカソらが暮らした1920年代の黄金期のパリに郷愁を抱いており……。

みどころ

パリを旅行しているかのような感覚を味わえる映画。タイムトラベルでヘミングウェイやピカソなど沢山の芸術家に会える設定と、彼らのイキイキとした姿にワクワクしながら、色彩豊かでとにかく綺麗なパリの街並みと心地のいいBGMを楽しめます。心を落ち着かせたい時におすすめの作品。

アルゴ


出典:©︎ アルゴ/2012年/120分

あらすじ

1979年11月4日、テヘラン。イラン革命が激しさを募らせ、その果てにアメリカ大使館を過激派グループが占拠し、52人もの人質を取るという事件が起きる。


パニックの中、アメリカ人6名が大使館から逃げ出してカナダ大使の自宅に潜伏。救出作戦のエキスパートとして名をはせるCIAエージェントのトニー・メンデスは、6名が過激派たちに発見され、殺害されるのも時間の問題だと判断。彼らを混乱するテヘランから救出する作戦を立案する。しかし、それは前代未聞で大胆不敵、そして無数の危険が伴うものだった……。

みどころ

映画製作を装って、窮地に陥ったアメリカ大使館員達を救出する驚きの実話ベースのサスペンス。大げさなアクションや派手な見栄えが無く素朴な雰囲気なのですが、これがよりリアリティーを感じさせてくれます。ずっとドキドキハラハラしっぱなしの心臓に悪い映画。

ドラゴン・タトゥーの女


出典:©︎ ドラゴン・タトゥーの女/2012年/158分

あらすじ

月刊誌「ミレニアム」で大物実業家の不正行為を暴いたジャーナリストのミカエル(ダニエル・クレイグ)。そんな彼のもとに、ある大財閥会長から40年前に起こった兄の孫娘失踪(しっそう)事件の調査依頼が舞い込む。


連続猟奇殺人事件が失踪(しっそう)にかかわっていると察知したミカエルは、天才ハッカー、リスベット(ルーニー・マーラ)にリサーチ協力を求める。

みどころ

記者である主人公とドラゴンタトゥーの女が40年前に起きた富豪令嬢失踪事件の解決に挑む…グロ描写や痛い描写がちらほらありますしストーリーも結構衝撃的なのですが面白い!


顔面ピアスに刺青、異常者というレッテルを貼られながらも仕事は完璧にこなす天才ハッカー「ドラゴンタトゥーの女」。凄く可愛いのにあんな雰囲気を醸し出せるルーニー・マーラを堪能しましょう。

鍵泥棒のメソッド


出典:©︎ 鍵泥棒のメソッド/2012年/128分

あらすじ

35歳にして定職もなく、売れない役者稼業にもほとほと嫌気がさした桜井は自殺にまで失敗してしまう。その後、出掛けた銭湯で見るからに勝ち組男のコンドウが彼の目の前でひっくり返り、頭を強打したせいで記憶を失ってしまった。桜井は衝動的に彼の荷物をくすねてコンドウに成り済ましたのだが、実はコンドウの職業は殺し屋で……。

みどころ

役者を目指すも志半ばで挫折した冴えない男と敏腕殺し屋が、銭湯での事故を境に入れ替わるシリアスコメディ映画。緊迫した状況のはずなのに、落ち着いた雰囲気で淡々と話は進み、その中でのしっとりとした笑いが心地いい。ラストも秀逸で最初から最後まで一貫して面白いおすすめの傑作です。

あとがき

面白くて心に響く、記憶に残るおすすめの映画を厳選して年代毎にご紹介してきました。どの作品も自信を持っておすすめできる良作ばかりです。何をレンタルしようか悩んでいる方も、気になる作品が見つかれば是非一度鑑賞してみて下さいね。きっと満足できると思います!